HyogoKurumi.Scribble

HyogoKurumi.Scribble

人は、言葉からは逃れられない。

2018年の自己紹介

 2018年になりました。遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
 今年は自己紹介の記事を初めに書こうと思います。

 名前は来未炳吾(くるみひょうご)と申します。これは活動名で、本名ではありません。
 今年で35歳になります。既婚です。

 31歳の時にアスペルガー障害の診断を受けました。中学2年生の頃から非定型的な特徴については自覚をもっていたこともあり、ケアレスミスやコミュ障などの障害特徴については克服できました。が、特徴に振り回された期間が長期に渡った事で、一般常識や知識の習得力が平均以下であることを弱点として認識しています。知識の低さについては成人用知能検査(WAIS)でも数値に表れています。

 リアルの仕事は警備士です。会社には障害者手帳を提示してあります。弱点部分が影響しない現場に配置してもらっていますm(_ _)m

 ネット上では「心理校閲家」と「サイコライター」という肩書きを名乗っています。主にブログ上にて、自分自身の気づきから、発達障害者が抱えやすい生き辛さの解明や解消に迫る記事を書いています。

 他、発達障害の当事者活動の一環で、『空のとびかたプロジェクト』という映画制作活動をしています。
 こちらは発達障害の今の声を残すことを目的とした活動で、今年4月にWEB上で自主制作の映画を公開する予定です。
 制作は順調で、計画通り公開できる見込みです。ぜひぜひ気にしてくださいね。

 前述した通り、私は知識の習得に難があり、ブログの記事の内容も、自分視点の気づきを軸としたものが多いです。
 私は自分の為に、自分が未熟だと思うことを追求しているのであり、何のプロでもありません。
 それでも、これまで多くの人が私の記事を楽しんでくださいました。私も楽しんで取り組むことができました。

 今年も宜しく気にしてくれると嬉しいです。

空のとびかたプロジェクト

※再生回数1万回目指しています! ぜひご視聴ください!

代表記事3選