HyogoKurumi.Scribble

言葉からは、逃れられない。

発達障害特徴の克服

発達障害攻略マニュアル――生き辛い境遇からの脱出

本マニュアルは、中学2年生の時に障害特徴を自覚し、31歳の時に発達障害に分類されるアスペルガー障害の診断を受けた来未炳吾が、その半生の中で会得した発達障害特徴の克服術を言語化したものです。 これまでも同様のテーマで記事を書いてきましたが、今回…

【意識の加工法】人は「感覚→思考」の順で頭を使わないと狂ってしまうという話

今回は頭の使い方に関する、ある気づきのお話です。 この気づきは、昨年ある職場で勤めていた時の体験から得られたことで、それから一年経った今も日常の中で意識することが多く、言語化して広く共有する価値があると思い、記事を書くことにしました。 特徴…

発達障害の原因と治し方について語る「私は発達障害を治した」――中毒や依存と考えることで道は開ける

発達障害の症状は治せない、という認識が広く定着しているが、私はその定説を懐疑的に受け止めている。障害特徴としてよく挙げられるケアレスミスやコミュニケーション難について、私自身は改善できたと自負しているからだ。 社会性の低さや物事の習得困難と…

私が「発達障害や精神障害なんてない」という考え方をオススメしない理由

精神障害なんて、ない。 発達障害なんて、ない。 この界隈にいると時折そういう言葉を耳にする。障害の診断を受けている当事者自身がそう言っていることもあるし、当事者の家族や支援者側が言っていることもある。 その障害の何がないと言いたいのか、よくよ…

発達障害特徴の克服シリーズ『その2の補完記事』

【発達障害特徴の克服】 カテゴリーの記事一覧 - HyogoKurumi.Scribble 先日書いた補完記事のその2です。今回の記事も他の同シリーズの記事を読んで頂いていることを前提として書きますので、まだの方はぜひそちらからお読み下さい。 ■コミュ障はこう治せ!…

発達障害特徴の克服シリーズ『その1の補完記事』

【発達障害特徴の克服】 カテゴリーの記事一覧 - HyogoKurumi.Scribble 先日、〝発達障害特徴の克服〟と銘打って『ケアレスミスはこう治せ!』と『コミュ障はこう治せ!』という怪しい記事を書きました。記事を読んで下さった皆さま、ありがとうございました…

発達障害特徴の克服その2『コミュ障はこう治せ!』

ここ近年で発達障害の認知度は一気に広がりました。特に〝アスペルガー〟は家庭医学書籍だけではなく、漫画媒体でもよく見聞きするようになりましたね。ネット上では、アスペという略称が流行しているでしょうか。 アスペルガー、略して、アスペ。元々は発達…

発達障害特徴の克服その1『ケアレスミスはこう治せ!』

発達障害の事をあまり知らなくても、認知度が高まった今ならその特徴として「発達障害者はケアレスミスが多い」という話をどこかで聞いたことがあると思います。特に「注意欠陥・多動性障害」(ADHD)のあたりでよく見聞きする話でしょうか。私も、診断名こそ『…