HyogoKurumi.Scribble

私はこの社会が省略した事柄を言語化している人です。

※追記しました【アンケート】小金井市女子大生ストーカー刺傷事件の第3回公判の記録をみて思ったこと

■追記 17/3/6 本記事掲載後、他方から「犯人を擁護しているような記事だ」という旨のご意見をいただきました。それは私が本記事で意図したことではないのですが、そもそも記事内で内容の主旨、本事件に対する私の向き合い方を明確にしていなかった事を認め、…

制作日誌No.38:PR期間終了

2月一杯行ったクラウドファンディングはあえなく失敗。購入型と寄付型の違いを知らずに申込み、何の準備も対策もないまま突貫工事で始めたものが成功するわけがない。 でも、例え準備万端で始めていたとしても、達成は難しかっただろうと今は考えている。 20…

2013年原付カブの旅 第五話「灼熱地獄×半袖短パン×原付カブ」

前 2013年原付カブの旅 第四話「二日目 真っ赤な太陽」 - HyogoKurumi.Scribble 14時~ 午後になり太陽が本気を出し始めた。これからが本番だったのだ。 あと3時間ちょっと、ただ走ればいいだけのはずだったのに、一度に進める距離はどんどん少なくなって…

2013年原付カブの旅 第四話「二日目 真っ赤な太陽」

前 2013年原付カブの旅 第三話「海」 - HyogoKurumi.Scribble 3時半~ 眠れなかった。寝袋を敷いたり被ったりしていろんな体勢を試したけど、眠気はあるのに一睡もできなかった。一番辛いパターンだ。 午前3時半。俺は起き上がって、もそもそと支度をして店…

2013年原付カブの旅 第三話「海」

前 2013年原付カブの旅 第二話「漆黒の箱根峠」 - HyogoKurumi.Scribble 光 街の明かりだった。 「やったぁ! 峠を越えたんだぁ!」 俺は叫んだ。 6年前の放浪旅をしていた時、初めて海をみた時の感動は今も覚えている。※記事 そして今回の旅で平塚市に入っ…

2013年原付カブの旅 第二話「漆黒の箱根峠」

前 2013年原付カブの旅 第一話「タイヤパンク」 - HyogoKurumi.Scribble 闇1 時刻は18時半。現時点でもうほんのり薄暗い。これからどんどん暗くなる。ここで止まっていられる余裕はないのに、俺はパンク修理の仕方を会得していなかった。 旅の中止か? い…

【暫定版】発達障害とはなんなのか――「現実」と「言葉」の捉え方

昨年の転職問題の時から、日常に対する意識は大きくかわった。悪いことばかりだったような気もするけど、今年は新しい人生の再スタートだと、そう思えるくらいの意気込みが持てているということは、総合的には良い経験になったということなんだろう。 ただそ…

2013年原付カブの旅 第一話「タイヤパンク」

前 2013年原付カブの旅「プロローグ」 - HyogoKurumi.Scribble 出発 8月21日、朝8時半頃に起床。9時出発予定なので、僅かに残っていた眠気を振り切り、朝食や弁当、着替えなどの身支度を整えた。 しかし、だいたい予定通り出発できたのだが、ついでに寄…

2013年原付カブの旅「プロローグ」

前 クラウドファンディング連動企画!『2013年原付カブの旅』歩き旅だけじゃない! - HyogoKurumi.Scribble 非定型克服の放浪旅を終えてから6年――俺は生涯のパートナーと共に順風満帆な生活を送っていた。 細々とした生活だけど、自営で稼いで、好きな時に…

クラウドファンディング連動企画!『2013年原付カブの旅』歩き旅だけじゃない!

2017年2月4日土曜日、この記事を書いている今、私は自主制作映画の資金集めの為、クラウドファディングに挑戦しています。 お時間のある方はまず下記をご覧ください。私の活動サイト『空のとびかたプロジェクト』とクラウドファンディングサイト『READYFOR』…

制作日誌No.37:最終ステージへ!「空のとびかたプロジェクト」クラウドファンディングに挑戦!

いろいろあったが無事掲載された。ようやくここまできた、という感じである。 READYFORの担当の方とは掲載直前までやりとりをしていた。細かい注文にも対応してくれて本当にここで良かったと思う。 空のとびサイトの告知ページはこちら! www.soranotobikata…

制作日誌No.36:正直に書く。クラウドファンディングに申し込んだこと

今日の電話で、クラウドファンディング「ReadyFor」との打ち合わせが終わった。このまま何事もなければ、今月27日から募集ページが掲載される。 ようやくひと段落、と思いたいところなのだが、1つ、もやもやしていることがある。このままだと気が晴れないの…

【第1話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話

最後にパチスロを打ったあの日から、もうすぐ一年が経つ。この一年はほとんど、スロを意識することもなかった。外で看板やのぼりをみても、「ふぅん、あのシリーズ新しいのでたんだぁ」と思うくらいで、打ちにいこうとは思わなかった。 もう、いいと思う。「…

【2017年版】カスタムノートをさらにカスタムした!「Excel自作スケジュールページ爆誕」

一年前にこういう記事を書いた。 hyogokurumi.hatenablog.com 記事で紹介したブックカバーは今も愛用している。 今年もこれでいくつもりなんだけど、1つ不満があった。 ノート部分の左ページを使いたい時は、完全に開いた状態にしなければならず、スペース…

【後編】私が治療薬(発達/精神系)を使わずに生きてこれたわけ【分岐点4~あとがきまで】

【前編】私が治療薬(発達/精神系)を使わずに生きてこれたわけ【分岐点1~3】 - HyogoKurumi.Scribble ▼分岐点4 ストーカーになりかけた時 このエピソードについては過去に語っているので、時間を持て余している人はまずこちらを読んでほしい。 hyogokurum…

怒られる事で生じる健全性に利用される「発達障害グレーゾーン」

発達障害と聞けば、真っ先に連想できる言葉の一つに「生き辛さ」があると思う。 当事者やその家族、理解者がよく使うし、メディアの情報媒体の上では記事のタイトルの一部に使われることもある。それくらいに強調力があり、実際、多くの当事者が抱えている課…

たくさんの縁に恵まれた年

2016年が終わる。今年は大変な年だった。 30日は夕方まで大掃除をしたあと、車で嫁の実家に行って団欒をして、帰りに餅をいただいて、そんなこんなでなんとなく年末の雰囲気を味わえているのだけど、気持ち3割くらいはこの生活を維持したまま、無事に年を越…

制作日誌No.35:12月3周目『クラウドファンディングの「Ready for」に映画制作費支援の申し込みをした』

空のとびかたプロジェクトの近況です。 映画制作費と活動資金を得る為に、クラウドファンディングで資金援助を募ることにしました。 空のとびかたプロジェクトは今年一月の発表からこれまで、一年をかけて活動して参りました。 プロジェクトは仕事の合間の活…

【前編】私が治療薬(発達/精神系)を使わずに生きてこれたわけ【分岐点1~3】

精神疾患と発達障害はその線引きがどこか曖昧なせいか、発達障害の界隈でも当事者会に参加したりネットで当事者会グループの中に入れば、まず間違いなく精神疾患を抱えている人とも関わることとなる。両方の診断を受けている人が多いからだ。 私も診断を受け…

ポートフォリオサイトつくった(゚□゚)

就職が決まらないまま、転職活動期間と決めていた三ヵ月が過ぎようとしている。内定が出て求職活動を打ち切った期間を除けば二ヵ月と少々だが、応募した職場は12社だったかな。自営と日雇いをしながらの求職活動、多くもないと思うが、少なくもないと考えて…

制作日誌No.34:11月3週目『改正障害者雇用法の穴』

久しぶりの制作日誌。転職活動に追われて、ここ最近は全く進展がなかったのだが、空のとびかたプロジェクトと関わり深い出来事があったので、記録として残しておくべきだろう。 前回の制作日誌でも書いた内定の件、実は採用まで進んだのだが、おじゃんになっ…

とあるおにやんま好き飼育係の日誌

May 9, 1998 夜、おにやんまでうどんを食って帰ってきた後、警備員のスコットとエリアス、研究員のスティーブとポーカーをやった。 スティーブの奴、やたらついてやがったがきっといかさまにちがいねェ。 俺たちをばかにしやがって。 May 10, 1998 今日、研…

『絶歌』読書感想文:その3――神戸連続児童殺傷事件の元少年Aは発達障害なのか?

hyogokurumi.hatenablog.com 前回から三ヵ月の少々、まただいぶ経ってしまった。前回書いた時からいろいろありすぎて、生活の方がまだ無茶苦茶な状態なのだが、リハリビも兼ねて書いてみようと思う。 生きるよすが 18p~23p 最初に「生きるよすが」という言…

私は『考える』ができるようになった瞬間の事を覚えている『「身障」「知恵遅れ」と呼ばれていた子供に起きた突然変異!』

例えば、リビングのソファでコーヒーを飲みながら、昨日の事を考えてみる。洗濯や掃除といった日常の事、夕食のメニューが思い出せないといった些細な事、嫁との何気ない雑談……などなど、あれこれと指定をしなければ「昨日の事」の条件でひっかかる記憶たち…

【改正法の穴】障害者雇用求人を出している雇用主にお願い!「求人票の給与額を盛らないで!」

本記事は下記記事の関連です。 【前編】求人情報虚偽問題と障害者雇用の未来についてhttps://t.co/MKrfF0MEAK【後編】求人情報虚偽問題と障害者雇用の未来についてhttps://t.co/1Nd1fFZ3It拡散希望です。この記事を読んだ皆さんの声が知りたいです。宜しくお…

またいじめについて語ってみた(2016/10)

毎年夏は創作サイトやブログの中で、自身の体験を基に、いじめについて語ることにしている。夏休みの終わりと共に、いじめを苦に自殺者してしまう若者が多いからだ。 私も中学生の頃、日常がいじめ状況に陥った。その体験をきっかけに自身の非定型特徴に自覚…

【後編】求人情報虚偽問題と障害者雇用の未来について

前編からの続きです。 hyogokurumi.hatenablog.com ■話し合いと交渉の姿勢で挑むが…… 最初、私はなんとかこのままの条件で承諾する道を考えようとしたのですが、妻の立腹と悲しむ様子、そして自分が携わる予定だった新事業の性質のことを想い、承諾するとし…

【前編】求人情報虚偽問題と障害者雇用の未来について

御アクセスありがとうございます。来未炳吾(くるみ ひょうご、活動名)と申します。 こちらは『求人情報虚偽問題と障害者雇用の未来』について考えるページです。 いまこの社会では求人票の内容と、雇用契約の条件内容が著しく異なる事が横行しており、これが…

制作日誌No.33:10月2週目『撮影機材の整理整頓+内定もろた!』

10月1週は空のとびかたプロジェクト活動で進展がなかったので空けた。 今週は、というか今日の日曜日だが、部屋の掃除を兼ねて撮影機材などを整理した。 主に活動を始めたばかりの頃に100円均一で整えたものだ。メタルラックを組み上げてカメラスタンドとし…

■ 活動状況 ■

※最終更新日 2016/10/09 ■活動名:来未炳吾(くるみ ひょうご) 来未炳吾は活動名であり本名ではありません。 物書きや自主制作映画、およびウェブサイト運営をしています。 ■心理校閲家×サイコライター 将来的にはメインのライフワークにするつもり。 詳細…

制作日誌No.32:9月4週目『サイト状態整理+就職活動終盤』

残りは映画本編の収録のみ、ということでサイトの状態を整理した。新コンテンツの追加はないがテキストインタビューやアンケートなどは続けていく。 サイトの状態は昨年末に思い描いていた状況をほぼそのままび形で実現できた。最初の頃、出演者は10名ほどほ…

心理校閲家×サイコライターの構想『500円払います』

来年の4月頃から、心理校閲家とサイコライターとしての活動を始めたいと思っている。転職活動が終わったら本番までに2~3回は試しにやってみたい。この活動で一体何をするのかというと、ただ会って私とお喋りするだけ、というのが心理校閲の部分で、話の内…

制作日誌No.31:9月2週目『なんとかここまでこれた。映画ミニバージョン制作』

転職活動が難航している。が、なんとか本就職が決まるまでの繋ぎのバイトに就くことができた。といっても、これだけでは収入が全然足らないので早く本就職を決めなければいけない。 就職が決まったらできるだけ仕事に専念したいので、今のうちにと、動画制作…

制作日誌No.30:9月1週目『就活で何もできず』

9月2週目は就活に専念。ていうか決まるまで他の事は中断している。よって空のとびかたプロジェクトの方も進展はなし。動画の編集や素材の収集くらいはしておこうかと思ったが、編集作業用のiPadに動画データをつっこんだのみ。空いた時間はなるべくハロワに…

制作日誌No.29:8月5週目『映画ミニバーションの収録と心理校閲家の話』

火曜日、ちょっと遠出したついでに運転中の様子を収録した。 やってみてわかったのは、喋りながら運転というのがかなり難しいということ。ただのお喋りならいいけど、ちょっと考えながら喋る感じになると途端にぐだってしまう。少し練習をしなきゃいけない。…

ハロワで就活

今日は嫁を駅まで送ったあとにハローワークへ行った。まさかこんなにも通い詰めることになるとはね。 求人検索用のパソコンコーナーを利用し、4件分の求人票を印刷して窓口に向かった。 障害者雇用枠の窓口には男性スタッフが1名いて、別の相談者の応対中だ…

メンタルチェックと頭の休め方『頭から言葉を追い出せ』

自分はよくネット上の発達界隈のグループに出入りしている。その中でよく見かける話題が『不安と心労』に関する悩みだ。 人生に悩みはつきもの。なぜ彼らはその「当り前」と上手く付き合えないのか。それは頭や心の休め方を習得しないまま成長してしまったか…

制作日誌No.28:8月4週目『就活した週』

リアル仕事の影響で今週は何もできなかった。いつもの仕事とハロワ通いで一杯一杯。今後、リアル仕事は規模を縮小をする事にした。つまり自分は就職の道を選択して、本業は副業化するということだ。昨年、工場で働いていた時と同じである。 自宅を作業場とし…

制作日誌No.27:8月3週目『あとは撮るだけだ!』

8月第3週はいろいろ進展があった。難題だと思ってた撮影許可(ていうか一番最初に解決しとけ)の確認がすんなり終わったのが嬉しかった。 ・公園でベンチに座ってちょっと喋る程度の動画を、iPhoneで撮影して自主制作映画として使用する程度。機材設置なし、…

私がカラオケに行く為には儀式が必要

世の中には「カラオケなら毎日でもいい」という人もいるだろう。毎日とは言わなくても、大多数にとってはカラオケ=楽しいことであり、人に誘われたり自分から誘うとなれば、それはある種のイベントであり、とても楽しい気分になれる事らしい。 私はそうでは…

制作日誌No.26:8月2週目『ほぼ何もできず……』

・撮影許可、そのへんの確認 ・映画ミニバージョンの撮影準備 先週末に今週やると決めたのがこれ。撮影許可については空いた時間にネットで調べたけど欲しい情報に辿り着けず、Amazonで関連書籍を探してみたがこれも見つけられず、もう関係ありそうなところ…

完結しました。発達障害特徴の克服『放浪の歩き旅やってみた from 2008』

カクヨムとブログで連載していた発達障害特徴の克服『放浪の歩き旅やってみた from 2008』、さきほど「あとがき」をカクヨムに掲載し、ステータスを完結済に切り替えました。あとがきの掲載はカクヨムのみですので気になる方は下記カクヨムページに御アクセ…

【最終話】5月11日(日)→5月12日(水) 『焼き芋パーティー』→埼玉県道の駅「はなぞの」→同県秩父駅前スカイラーク

hyogokurumi.hatenablog.com 5月11日(日)→5月12日(水) 『焼き芋パーティー』→埼玉県道の駅「はなぞの」→同県秩父駅前スカイラーク ―眠いのに眠れない。また地震でもあるのかね。 Kは歯ぎしりを立てながらグースカ寝ている。私は休憩所から外に出て、駐車場…

【第24話】5月10日(土) 雨 『希望の兆し』埼玉県道の駅「かわもと」→同県道の駅「はなぞの」

hyogokurumi.hatenablog.com 5月10日(土) 雨 『希望の兆し』埼玉県道の駅「かわもと」→同県道の駅「はなぞの」 今日の事を綴る前に、昨夜の事から綴りたいと思う。 ―日記を綴っている間、休憩所に人はほとんど来なかった。入って来ても、パンフレットを少し…

【第23話】5月9日(金) 晴 『情報』 埼玉県道の駅「めぬま」→同県道の駅「かわもと」

hyogokurumi.hatenablog.com 5月9日(金) 晴 『情報』 埼玉県道の駅「めぬま」→同県道の駅「かわもと」 自分を鍛える?…そんなものはとっくに終らせたと思っていた。…まだ足りない。 今日は「旅」の事や「日記」の事を考えていた。道の駅「おかべ」での旅の話…

クローズ就労とパワハラ、退職トラブルの末に、法テラスに行ってきた

前の会社を退職した際に起きた紛争に、ようやく終幕の目処が立った。長かった。 和解が叶わなかったこともあり、このまま心の中にしまおうかとも思ったのだが、クローズ就労トラブルの一例としての情報的価値を考え、経緯を記事にすることにした。完全解説で…

【第22話】5月7日(水) 大快晴 『満腹感』 ※5月8日分含

hyogokurumi.hatenablog.com 5月7日(水) 大快晴 『満腹感』 ※5月8日分含む 昨夜は睡眠を優先したので日記は書かなかった。今は5月8日の朝だが、出発前に、昨日の事を綴る事にする。 ―道の駅「きたかわべ」には24時間開放の休憩所があったのだが、すぐ目…

制作日誌No.25:8月1週目『映画の内容が決まった(今度こそ)』

日曜日は疲れて制作日誌が書けなかった。 8月1週目は大きな進展を得る事ができた。先週決めた予定を振り返りながらまとめたい。 ・テキストインタビュー宣伝 まず自分のブログの記事部分の「空のとびかたプロジェクト」のオリジナル広告を設置した。 あと、…

【第21話】5月6日(火) 大快晴 『新生 旅の話屋さん』

hyogokurumi.hatenablog.com 5月6日(火) 大快晴 『新生 旅の話屋さん』 ―その「瞬間」が自分を引き止める。そんな感覚がふと頭を過ぎる事がある。日常の中で何度も感じた事があるし、旅中だと道の駅「掛川」の二日目の朝、子供を連れたおじいさんに「うちに…

シン・ゴジラ2回目鑑賞!『この映画は人の人生を変えてしまうほどの影響力を持っている』

今日『シン・ゴジラ』の二度目の鑑賞に行ってきました。 前回の鑑賞から一週間経ちましたが、この間、嫁と「もう一度見たい、今度は2Dで見たい」とずっと言い合ってまして、夜に時間がとれたのて行ってきたわけです。 今回はもう一度よくみてみたかったシー…