HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

入院2日目 尿膜管遺残症 手術当日

これを書いているのは3日目の夜。48時間ぶりに食事ができて、やっと気持ちが落ち着いてきたところである。今日は書けないかも、と思っていたが、思いの外、体力や意識が回復しているので、夕食後の力が残ってる内に、書いてしまおうと思う。 尿膜管遺残症の…

入院1日目 尿膜管遺残症 前日入院

2日目の朝が来た。今日は待ちに待った手術の日。昨年の10月からお臍のことで、気が晴れた日は一度もなかった。 ‪空とびの映画が完成した時も、その時にはもう入院と手術が決まっていたから、完成したという気分に浸ることはできなかった。 その憂鬱な気分と…

明日入院!尿膜管遺残症 その14

いよいよ明日から入院だ。手術は明後日なのだが、手術に伴う前日入院という位置づけらしい。 今日は入院に必要な書類を完成させ、入院中に必要な日用品を揃えていた。尿パッドや腹帯など医療品類は数日前に届いている。 一週間程度の入院、と聞けば短く感じ…

手術記念に自著のkindle本の無料キャンペーンを実施します【遺作?】

来週、いよいよ尿膜管遺残症の手術日を迎えます。 人生初の手術を記念して、自著のkindle本の無料キャンペーンを実施します。 もし手術で死んだらこれが遺作になるのかな?(笑) 無料キャンペーン予定日時 ・5月28日(月)17時頃から5月30日(火)17時頃ま…

【確定】尿膜管遺残症 その13―切除した尿膜管は持ち帰れないYO(´・ω・`)ガッカリ…

今日は麻酔と手術と入院に伴う説明と同意書のサインをしてきた。 麻酔は全身麻酔で、背骨にも麻酔を打つ(怖い その麻酔で死ぬこともある(怖い 手術は腹腔鏡手術。腹に穴3つ開ける。 手術は2時間ほど。 想定される出血量は50cc程度なので輸血は用意しない…

自分が生き辛いのに他人の支援とか言ってる人いるじゃん

いろいろ考えたんだけど、やっぱ現在進行形で生き辛かったり自分の障害特徴に振り回されているのに、他人の支援に力をとか言ってる人は、その活動に回してる時間や余力を自分の人生復興に当ててもらい、生き辛い境遇から脱出できたあとで、支援側に回ってほ…

きのこたけのこ戦争 <1> プロローグ

※6年程前に小説の練習で書いた作品。原文ママノーチェック。スター10人からもらえたら次話投下します。 <1> プロローグ 深夜、突然に鳴り響いた役所の鐘の音に、『きのこ王国』城下町の人々は叩き起こされるように目を覚ました。 カーテンをあけて、外の様子…

「意識高い系父親」は毒でしかなく、一家の向かう先は不幸以外ありえないと思う

少し前から発達障害の総集編的な記事の制作に着手した。だから最近は昔のことをよく振り返る。特に父のことを思い出そうとしてしまうのだが、それは今更になって、ようやく父の異常性が認識できるようになったからだ。 父は創価学会員だった。母も父の影響で…

グレーゾーンとクローズ就労の時に起きた職場でのトラブルの話

警備士になってから一年と少し経ちました。今までとは比較にならないほど平穏に仕事ができています。お給料も一番多いです(笑) 私は31歳になるまでグレーゾーンでした。障害の自覚はあったけど、診断がついていなかったので、その間は、普通の人として一般…

制作日誌No.60:活動サイトを最終状態にした

映画の制作が終わった今、やることは活動サイトの管理維持のみ。 今日は空のとびかたプロジェクトの活動サイトの外観を見直した後、映画の感想ページの作成と、今後のことを伝える記事を書いた。これが恐らく、最後の報告となるだろう。 活動終了に伴う今後…

【誹謗中傷とは?】被害女性への誹謗中傷に対する非難をみて思ったこと【TOKIO山口達也】

TOKIO山口達也氏が自宅に招いた女子高生にチュウをした強制わいせつ事件で、ネット上ではその女子高生に対する誹謗中傷書き込みと、そのような書き込みをする行為を非難する意見が相次いでおり、広範囲で炎上が起きている状態だ。 私も炎上を少し追ってみた…

今月観た映画一言感想『パシリム』『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』『アベンジャーズIFW』

私はほぼ毎日映画を観てるのだけど、ひと月の間に4回も映画館に足を運んだのは初めてだったかも。それだけ今月は映画で忙しかった。 鑑賞した映画の感想を一言だけ記事に残しておく。 パシフィック・リム: アップライジング レディ・プレイヤー1 いぬやしき …

セクハラした時の話を書く『全ての言葉が楽しくなってしまう感覚』

最近のセクハラ問題に関するつぶやきやニュースを見ていて、ここ数日、私は自分自身が関わったセクハラエピソードを振り返りつつ、自分の考えをまとめていました。 そして最終的に思ったことは、この問題はもっとオープンにして話し合うべきだ、ということで…

映画館で座席のドリンクホルダーにトレイをセットできるって知ってた!?

今日は妻と話題の『レディ・プレイヤー1』を観に行きました。これはぜひ映画館で観てほしい映画ですね。私は満足できました。 で、今日ちょっと特別なことがありました。 上映20分前に到着して、チケット買ってポップコーンを買おうとしたら、ドラえもんの…

制作日誌No.59:ニコニコ動画でも公開

4月15日に映画をニコニコ動画でも公開した。 公開から4日経ったが、再生数は伸びず。元々ニコニコ動画は盛り上がっていなかったし、宣伝にもあまり力をいれていなかった。永久にこのままかもね。 YOUTUBEの方はなんとか600を超えたところ。 映画『アスペです…

生き辛い界隈を蝕むキラキラ活動――クラウドファンディングという前借り祭り

今、ネット上ではクラウドファンディングサービスを利用した資金集めが盛んに行われている。私も自分自身の映画制作活動の中で利用したことがある。クラウドファンディング(以下、CF)の波は、発達障害や精神障害といった生き辛い界隈にも届いているのだ。 …

【確定】尿膜管遺残症 その12―診断名:年間2名ほど。尿膜管嚢胞(にょうまくかんのうほう)

今日の来院予約は14時半からで、入院や手術の説明を受けると聞いていたが、本当に話を聞いただけで、同意書などの書類の記入は次回の来院時にやるらしい。てっきり今日は書類関係もやるものだと思っていた。 さすが総合病院。20分程度の話の為に、ベンチで2…

字を書く時に「書く」感覚ではなくパントマイムの「置く」感覚で書いたら安定感がすごく増したという話

ちょっと前に、こういう記事を書いた。 最初の感覚、初感時に「とめ・はね」を意識することで字が綺麗に書けるという気づきから、そもそも非定型は初感時にあらゆることが認識べきていない状態に陥っている、という話だ。(その原因について⇒【意識の加工法…

【確定】尿膜管遺残症 その11―内視鏡検査in尿道

この世界、この人類が、神の創造物であるのなら、今日という私の日も神の創造に違いない。 今日は運命の日。 内視鏡検査を受ける日。 その入り口は、尿道 尿道 尿道 尿道...(ECHO 第1検査 尿検査・採血 第2検査 レントゲン 第3検査 心電図・肺活量検査 第4検…

制作日誌No.58:締め作業について

浮間舟渡に桜を観に行ったら休日のフードコート状態でげんなり。なんかのんびり桜を見る気に慣れず公園一周しただけで帰ってきた。近所でなんとなく咲いてる桜眺めてる方がよかった気がする。 その後今日はなんもせず、活動サイトの締め作業について考えてい…

制作日誌No.57:映画、無事公開

無事、映画の公開を迎えることができた。 この劇場ページは一週間ほど前に作ったおいたもので、4月1日になってすぐ公開できる状態にしておいた。 公開させた後、告知ツイートを用意。Twitter広告も設定してとりあえず就寝。 朝起きてから、やっぱりFacebook…

【2018年版】4月からの新社会人に送る発達障害の話【改正障害者雇用促進法】

2018年4月から、改正障害者雇用促進法が施行される。この改正によって新たな決まりが色々と加わるわけだが、注目すべきは「身体障害者と知的障害者」のみだった雇用義務対象に「精神障害者」が加わることだ。この精神障害者の枠の中には昨今話題の「発達障害…

【確定】尿膜管遺残症 その10―検査結果が揃った

今日はCTとMRIの検査結果が揃う日である。入院や手術の話をされる可能性もあるので、念の為妻にも付き添ってもらった。もしそうなったら私としても人生初のことであり、家族で挑む初の苦難である。 12時予約なのに11時10分過ぎに着いてしまい、受付のあとは9…

わい親創価、妻親エホバ

妻のことで、ずっと前から気になっていることがあった。どうやら妻は幼い頃、親からベルトでお尻を叩かれたことがあるらしい。それは妻と一緒に暮らし始めた五年くらい前に、生まれ育った家庭環境の雑談の中で聞いた話だった。 その時は妻も、なんとなく仄め…

制作日誌No.56:リアル試写会、白紙に

3月頭の制作日誌に、某店で試写会をやる計画が進行中であると仄めかしたが、続報を告知することができないまま、リアル試写会の話は白紙となった。 理由は、試写会を引き受けてくれた店側の対応力不足が原因である。今回の制作日誌ではそのことを書く。 先に…

【疑い】尿膜管遺残症 その9―MRI検査

午前中は朝からかかりつけのメンタルクリニックと市役所に行って、障害者手帳の更新と、自立支援支給認定の手続きをやってきた。 通常なら、メンタルクリニックで診断書を貰ったあとは市役所に行って終わりなのだが、自立支援支給認定があれば3割負担の診察…

制作日誌No.55:「会社員」という生き方は「普通」じゃなかった

空のとびかたプロジェクトの映画とパンフレットが完成して、今日はリアル試写会の時に配布するリーフレットと劇場用ページを作っていた。それも完成したから、これで活動に関する全ての制作を終えたということだ。あとは試写会と、サイトの更新や告知をコツ…

制作日誌No.54:パンフレット予約開始 映画完成!

朝見たらパンフレットの予約が無事始まっていた。自主制作映画のセルフパンフレットだから審査落ちるかと思ったけど大丈夫みたい。 あと、映画の映像がやっと完成した。 一旦完成状態にしてから、誤字やテキストの大きさの調整など、気になるところを直して…

制作日誌No.53:パンフレット完成 劇場用ページ作成開始

映画パンフレットをkindleの管理ページに予約販売でセットした。審査が通ればAmazonのカタログに加わるはずだ。 映画用の劇場ページの作成にも着手した。アンケートフォームも作ることにしたがこれはちと時間がかかりそうなので今度の日曜日にでもまとめて終…

【疑い】尿膜管遺残症 その8―総合病院とCT検査

一昨日の金曜の夜、シャワーから出た後にへそを見ると、やはり膿が染み出していた。それをみてもうなんか心が折れてしまった。「ああ、治らないなこりゃ」って思ったのだ。 翌日、会社に電話をして月曜と火曜を休みにしてもらった。これは月曜に診察に行く為…