HyogoKurumi.Scribble

人は、言葉からは逃げられない。

映画制作に使うアプリ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ



 来年、制作予定の映画ですが、使用する機材はiphoneを使います。『iPhoneで映画を作る』という主旨に反しない場面ではパソコンやiPadを頼ることもあるかもしれませんが、原則iPhoneのみで撮影や編集作業は行います。

 

 映像編集はアプリを使うわけですが、三日間いじくり倒して出した結論としては「iMovie」と「CUTECUT」と「PinnacleStudio」の3種のアプリを使用することにしました。

 

 iMovieappleのアプリなんですが、映像を重ねたり繋いだり拡大したりという部分の機能がとても使いやすいです。しかしテキストの装飾機能がかなり弱いです。凝った映像が作りたいという人向けではありません。なのでiMovieは映像と音楽の部分だけを制作してエクスポートします。

 

 次はCUTECUTです。これはこれでなんでもできるんですが凝れるぶん、なにかと操作に手間がかかります。なのiMovieで主体と成る映像データを作って、こいつで詳細編集をする感じです。特にテキストの装飾機能は一通りなんでもできるくらい豊富にあります。文字の右寄せ左寄せなどができるので文章系もOKです。

 

 動画が完成したら最後にPinnacleStudioに取り込んでアップロードします。このアプリは編集機能そのものはimovie以上CUTECUT以下なのですが、解像度や音質を詳細に設定することができます。なので最後の設定にこいつを使うわけです。

 

 それぞれ売りとしている部分が違うようなのでこれ一つで十分、といえるものはまだ出てこないように思います。少なくとも来年もこの3種を使い分けていくことになりそうです。