読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HyogoKurumi.Scribble

私はこの社会が省略した事柄を言語化している人です。

小説のPVの作り方【アプリ紹介編(iPhone)】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ


ちょっと前に、Taskeyで連載している小説のPV動画を制作した。

自分も作ってみたい、という人は参考にしてほしい。

 

私は今年iPhoneで映画制作をするので、映像編集の練習に~というのが目的で、昨年の12月頃はコツコツと映像編集をしていた。

 

これ一つ作っただけで、基本的な使い方はほぼマスターすることができた。

 

 

※ニコニコにもうpした。


FLASH全盛期にもいくつかswf動画を作ったことがあるんだけど、いやはや、随分と楽チンになったもんだ。RPGツクールとかああいう感覚でできちゃうんだもん。

 

自分に絵を描く技術があれば、もうちょっといろいろな形で出来上がっていたのだろうけど、背景のぐちゃぐちゃとした線はニコニココモンズで拾ってきたもので、ラストに表示される女の子の絵は嫁が描いたものである。表示される文字はアプリ搭載のテキスト機能だ。

 

つまり、『映像編集アプリに音楽と動画を取り込んで、テキストを打ち込んだだけでこれができた』というわけである。

 

細かい事を言えば、フェードアウトの設定はあったし、テキストだっていろいろなパターンの中から選んで、それをどこからどの範囲に表示するのか、といった細かい設定操作があるんだけど、結局、一つの場面でやったことを全場面で同じことするだけなので、正直使い方を覚えた後は面倒な作業を繰り返すだけだった・・・とも言える。

ただ、想像していた以上に思い通りの映像が作れたので、達成感や満足感は大きかった。

 


■オススメアプリ

 

今回の記事はアプリ紹介だけ。iPhoneアプリね。だいたいのアプリは触ってりゃ使いこなせるよって人は、もう始めちゃえばいい。

 

アプリは3つ紹介する。恐らくiPhoneの動画編集アプリのことで探せば必ず辿り着くであろう定番アプリだ。『3強』と言っちゃってもぜんぜん大袈裟じゃない。

どれも動画サイトへのアップロード機能を備えているから、一つあればもうPV制作環境は整ったことになる。

 


iMovie 

iMovie

iMovie

  • Apple
  • 写真/ビデオ
  • ¥600

 Appleオフィシャルアプリ。以前セールで無料やってた時があったから、その時にDLしておいた!って人は勝ち組だね。

このアプリはテキスト描写が抜群にしょぼい。それっぽい位置にそれっぽいエフェクトをつけて、それっぽい大きさで表示できる、というだけなので、なにも期待しないほうがいい。タイトルテキストみたいなものしか表示できないのだ。

ただ映像のカットや繋ぎ、拡大縮小など、そこらの編集はとてもやりやすい。他のアプリ触った後だと感動するくらいやりやすい。このアプリで映像の大本を作って、他のアプリで細かく編集する・・・という使い方がいいだろう。できることが限られている分、操作を覚えるまでにそれほど時間もかからないはず。スマホでブログ管理できるくらいの操作知識があれば大丈夫。このアプリで覚えた編集操作は他のアプリでも役に立つので、もしできるなら、まずはこのアプリでなにか作ってみよう。4K設定でレンダリングできる点も評価できる。

 

あと、映画風予告編制作機能が地味に楽しい。既にPV映像の型ができていて、各場面に、自分の持っている画像や動画の素材を当て込むだけで、映画風の予告編動画が作れてしまうというものだ。私は以前、所属してした発達障害の当事者会で簡単なコントをやったのだが、その時に撮影した映像と、あとで追加撮りした映像素材を少し足しただけで、この予告編制作機能でそれっぽいPVを作ることができた。それは十分に満足できる出来栄えだった。

 

【評価】
・習得難易度 :★☆☆☆☆ かんたんである
・映像編集  :★★★☆☆ 大事なことが簡単にできる
・テキスト装飾:★☆☆☆☆ オマケ機能レベル

 


★Cute Cut pro 

Cute CUT Pro - 全機能動画編集

Cute CUT Pro - 全機能動画編集

  • YU BO
  • 写真/ビデオ
  • ¥720

 

Cute CUT - 全機能動画編集

Cute CUT - 全機能動画編集

  • YU BO
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

映像編集もテキスト装飾も★5をあげたい。やりたいことは一通りできる。これを本命にしてもいいくらいだ。人気も高いぞ。

できることが多い分、操作を覚えるのにやや時間を要するが、iMovieが使いこなせたのならこれも問題なくマスターできるだろう。

ただ残念なことが一つある。レンダリング時に選べる解像度がしょぼすぎなのだ。『高品質(1280x720)、標準(568x320)、低品質(224x128)』の3つしか選べない。つまりフルHD(1080p、1920x1080以上)出力ができないのである。これでは動きの激しい映像を素材に使ったらそこが粗く表示されてしまうかもしれない。

Youtubeにアップしてみる分にはいいかもしれないが、一般的な映画館の解像度が2K以上、スマホでも4K動画が撮影できるこの時代に、これってどうよ?

まぁ、解像度にこだわらない人にはおすすめである。良いものには違いない。とりあえず無料版で試すのがいいだろう。30秒動画しか作れないが、PV動画ならそれで十分かも。いや、無料版はクレジットが表示されてしまうので、そのまま完成版として公開するのはちょっと嫌かな?

これをダウンロードする場合、注意点が一つある。自分は返金してもらったくらいなので、今はもう改善されているのかもしれないが、無料版の中からpro版をアップグレード購入しても、別途販売しているpro版が購入済みにならないのだ。私はまず無料版を買って、プロ版へアップグレードした。その後、iPad版もほしくなったので、探して見つけたiPad版のプロ版を買った。ユニバーサル化(全端末対応)されてないのか、仕方ないなと思ったのだが、ダウンロードした後、何故かiPhoneの方にもそのiPadで買ったプロ版がダウンロードされていた。アップグレードした元無料版と全く同じものである。事情をAppleのサポセンに話して返金審査をして貰ったところ、無事通過したので、無料版から購入したアップグレードを無かった事にしてもらった。どうせならプロ版を使いたいからね。

 

【評価】
・習得難易度 :★★★☆☆ 一つ一つできる操作を試すのが苦にならない人
・映像編集  :★★★★★ 不満は全くない
・テキスト装飾:★★★★★ 不満は全くない

 


★Pinnacle Studio pro 

Pinnacle Studio Pro - プロのビデオ編集

Pinnacle Studio Pro - プロのビデオ編集

  • Corel Inc.
  • 写真/ビデオ
  • ¥1,600

 

最初に言っちゃうとこれが最強。だって4K出力ができるし、フレームレートも60fpsまで選択できる。

ちょっとでも映像の画質や滑らかさにこだわりたいんだ!

という人はこれ一択、ハイ決まり( ゚Д゚ノノ"☆パチパチ

 

習得難易度はやや高い。試すだけじゃなく、ネットで調べなきゃわからない場面も多々あると思う。でも基本的な操作はiMovieやCUTECUTと大差ないし、専門用語や専門知識までは必要ないので、コツコツとやりたい事をおいかけていけば大丈夫。一日いじくり倒していればマスターできるレベル。ちなみに上記で紹介しているPV動画は全てこの『Pinnacle Studio』で制作している。念のためにいうと、パソコンは素材集めに使っただけで、映像は全てスマホだけで作った、ということ。

 

このアプリも一つだけ残念なことがある。それは各カットの映像開始地点と終了地点が、座標で指定できないことだ。

素材の動画を放り込んで表示座標をそのままいじらずに使用する分には全く支障ないのだが、例えば、ある動画の左上の部分のエリアだけを表示したカットを作りたい場合、開始地点部分の設定で、動画をスワイプなどして表示位置を調整し、左上だけが画面内に映るようにするのだが、問題は終了地点である。終了地点が、どういうわけか初期位置設定のままなのだ。このままだと左上だけ表示されていた映像が徐々に中央にパンしていくような映像になってしまう。つまり終了位置を開始地点と同じ場所に設定する必要があるのだが、座標の値も表示されていなければ数値設定もできないので、スワイプで全く同じ位置に調整するしか術が無いのである。クソ面倒だし、正直全く同じ位置にする事は不可能だ。誰かやり方を知っていたら教えてほしい!

iMovie」ならこのようなことはなく、開始位置がそのまま表示位置として固定される仕様なので、できればこのアプリのお供にiMovieを用意したい。iMovieはフレームレートの設定はできないが4K出力ができるので、映像の見劣りは最低限に抑えられるはずだ。

 

値は張るが、価格に見合う価値はある。

 

【評価】

・習得難易度 :★★★★★ ネットで調べながら試すのが苦にならない人
・映像編集  :★★★★☆ 開始位置と終了位置の座標指定さえできれば
・テキスト装飾:★★★★★ 不満は全くない。CUTECUTとはまた違ったテイスト

 


■あとあったほうがいいもの

 

Dropbox

Dropbox

Dropbox

 

パソコンでダウンロードした素材をすぐ使えるようにする為。
画像も動画もカメラロールに保存してしまえばいい。


GoogleアカウントとYoutubeアカウント
Youtubeに動画をアップするならGoogleアカウントが必要になる。あとYoutube動画を収益化したいならGoogleアドセンスアカウントが必要なので、Googleアカウント環境は整えておいたほうが良い。

 

 ■まとめ

自分の動画の良し悪しはさておき、文字メインの動画でも抽象素材やイラストが一枚あるだけで、それっぽいものになることは伝わったと思う。

動画は文字と違って色んな人にみてもらいやすいので、PRにはうってつけの方法だ。習得しておいて全く損は無い。

 

というわけで次回は動画制作編の記事を書きます。