読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HyogoKurumi.Scribble

私はこの社会が省略した事柄を言語化している人です。

【第8話】4月19日 曇りのち雨 「鴉」

【2008年_放浪の歩き旅】
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 本ブログ 作家・小説家へ


hyogokurumi.hatenablog.com



4月19日 曇りのち雨 「鴉」

 昨夜は休憩室で寝ようとしたんだけど、ちょっと騒がしい若者が入って来たもんで、仕方なく駐車場の傍でテントを張って寝る事にした。
 このテントを組み立てるのは初めてだけど大体の構造は知っている。ポールを通して固定するだけだ。説明書を読みながらも10分程で設営は完了した。

 テント内で荷物を整理して横になった。本当に買っておいて良かったと思った。2時前には眠りにつき、起きたのは9時。ビジネスホテルで寝た日以外は2~4時間しか眠れなかったんだけど、7時間も眠る事が出来たんだ。

 ―さて、これまでの日記は寝床じゃ書けないかもしれないからと書ける時に少しずつ書き足していくスタイルだったけど、今はテントがあるので今日からは寝る前に書く事にする。

 ・
 ・
 ・

 朝の道の駅は人で一杯だった。「潮見坂」もそうだったけど、ここでも地元の特産品が良い値段で売られているのだ。
 試食品を漁りながらパンと牛乳を買った。

 休憩室で食べていると子供を連れたおじさんが自販機の操作に手間取っていたので買い方を教えてあげた。
 私の荷物を見てそう思ったのだろう。「どこから来たの」的な話から雑談をした。

『お兄さん素直だから、良い嫁さん見つかるよ』
『いやいやいや…(笑)』

『今日うちに泊めてやろうか?』
『えー! いいんですか?』

 初ホームステイだ!…と思ったんだけどどうやら家はかなり遠いらしい。

 私は断った。どうしても今日はここ「掛川」を離れたくなかったのだ。おじさんは去り際に「3色蒸しパン」をくれた。ありがとう、おじさん。

 食事を終えた私は早速「小遣い稼ぎ」をする事にした。

『旅の話、入りませんか?』と大きく書かれたスケッチブックを鞄に掲げ、バケツを傍にセット。サングラスと革手袋を飾りに置き、〝いかにも〟な風貌で準備完了。

 そう、これが2日前に思いついた「収入を得る方法」だ!

 旅の話を聞かせ、〝お気持ち〟程度のお金を頂代するのだ。
 必要なのは私の話術! 大丈夫、私なら出来る。

 …と、意気込んで始めたはいいけど、屋外販売してるあの人達は場所代とか払ってるんだろうなって思ったら、なんだか悪い気がしてきてすぐにやめた。

 「旅の話屋」は屋外販売が撤収してから始める事にして、針と糸を用意して、ジャケットのフードのホックを付け替えることにした。実はこのジャケット、もともとはフードのゴムをジャケットのボタンにひっかけて装着するんだけど。ボタンがちぎれちゃたんで、自分でホックを縫い付けたんだ。それが去年の事。でもこの間、フードの裏表が反対になっている事に気がついて、ずっと気になってたんだよね。
 作業は2時間程で終了。雨が降ってきたので休憩室へ戻った。

 雨の為なのか時間がきた為なのか、屋外販売の人達が撤収を始めたので私は「旅の話屋」を始める事にした。
 地図を見ながらぼーっとしていると、隣で雑談をしていた人達が話しかけてきた。

『愛知県から来たの?』
『ええ、そうなんですよー』

 私はテキパキと簡単に自己紹介をして「おしながき」のページを見せた。

『「初野宿」の話…「あせもとの戦い」の話…「テントの寝袋購入」の話。「置き去りにされた少年」の話。お時間あるようでしたらお話しますよ』

 …よし! いいぞ! あとは話を選択した後、自然な流れでお気持ち代を頂く事を伝えるんだ!…くっ、駄目か。

 断られたってわけじゃないんだけど、話の主導権はこちら側には移らず。その代わり次の目的地「駅の道 川根温泉」までの道のりを聞く事が出来た。途中から歩道は無くなり、歩きだとかなり危ないらしい。おまけにずーっと登り坂だと。うへー。

 日が暮れてくると共になんだか寂しくなってきた。理由無き不安。
 …「違う!」を頭の中で何度も繰した。

 気分が落ち着いた項、年期の入った自転車で大きな荷物を背負った若者が目に留まった。同じテーブル席に座ったので、話しかけてみた。

 どうやら大阪から来たらしく、横浜を目指しているそうだ。
 話の流れでこの若者が「旅の話屋」のお客さん第一号になった。
 彼はお気持ち代として10円をバケツに入れてくれた。
 話も最後まで楽しんでくれたようだ。この商売、いける!と確信した。

 …彼は東京で、悪い事をする人間をこらしめて、そういう人達からお金を奪って生活をしたいらしい。彼は流暢に話せない様だった。何かしらの発達障害があるのだろう。そしてその強い目的意欲から、彼のこれまでの人生が伺えた。
 …頑張って東京まで行くんだ。そして、怒られるんだ!

今日のルート│静岡県 道の駅掛川→同じ
残金│4959円
バケツ│10円 1人(Total 1名)
教訓│ポリエステル製のパンツは買うな。ケツが荒れる。
課題│一日分の飲み物は朝買う。
メモ│・パンツの予備が無いよ・スリッパ、バスタオル


■写真
f:id:hyogokurumi:20160526213530j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213532j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213536j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213538j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213543j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213544j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213546j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213548j:plain:w100


■実際の日記ページ
f:id:hyogokurumi:20160526213911j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213935j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526213955j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526214017j:plain:w100  f:id:hyogokurumi:20160526214036j:plain:w100


hyogokurumi.hatenablog.com