HyogoKurumi.Scribble

私はこの社会が省略した事柄を言語化している人です。

私のkindle小説も読み放題登録しました!『Kindle Unlimited - 本、コミック、雑誌が読み放題。』

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ



 いま巷ではAmazonKindle Unlimited(KU)が話題です。月額980円でkindle本の一部が読み放題なのです。

 私もkindle本をセルフ出版しているのですが、調べてみるとKDPセレクトに登録すればKUの読み放題本としてに自動登録されるとのことなので、さっそく再登録しました。というのも、KDPセレクトに登録するとkindle独占販売契約に同意したこととなり、例えば他の電子書籍サイトでの販売や、kindleで販売しつつブログで掲載……ということができなくなります。私は次回作に挑む前に、再校正しながらブログで連載(合わせてkindleの書籍データも最新版に更新)しようと思っていたので、今月の頭にKDPセレクトから外したのですが、こちらの方が面白そうなので再登録したというわけです。

 自分のkindle小説は2本あり、『夜行バスの人々』は発達障害を主人公にしたミステリー、『僕と彼女にカーニバル』はカニバリズム系のラノベです。どちらも2年以上前の作品で、今読み返すと恥ずかしくなるのですが、とても思い入れの大きな作品です。

 先程確認したら無事、KU利用可能になっていました。KDPセレクトはずっと登録したままにする予定ですが、まぁ先のことはわかりませんので、この機会にぜひお求め下さい。
 レビューや感想など頂けますと嬉しいです。



新宿から名古屋に向かう夜行バスに乗った乗客たちは、途中のサービスエリアで不可解な状況に遭遇する。戻らない運転手にバスを降りた乗客たち、無人のサービスエリア……一体、なにが起きたんだ? 発達障害者である難波恵一は、「人は消えた」と考え、心に病を持つ静原さくらと行動を共する。

発達障害、引きこもり、自殺願望……そして、普通の人々。 彼らが織り成すミステリーヒューマンドラマ!



夏休みを目前に控えたある日のことだった。学校の屋上で、クラスメイトの神楽が、生きたままカラスを食べていた。 その場面を目撃した主人公の〝僕〟に神楽は言った。「誰かに喋ったら、貴方を食べるわ」。 〝僕〟は秘密を守るかわりに、自分と付き合えと言った。

そうして〝僕〟と彼女は付き合うことになったのだが、その日から無色透明だった日常が一変した――