HyogoKurumi.Scribble

私はこの社会が省略した事柄を言語化している人です。

私流「むずむず脚症候群」の対処法! 今日から実行可能!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ



 貴方は「むずむず脚症候群」というのをご存じですか?
 下記、ウィキ情報の通りだと思うのですが、とにかく足がなんかこう、ムズムズするんです。

むずむず脚症候群 むずむず脚症候群 - Wikipedia

症状と特徴[編集]
自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。
このむずむずとした不快感や痛みなどの不快な異常感覚・身体症状が下肢や腰・背中・腕などに出現するため、患者はこれを抑えるため常に脚を動かしたり身体をさすらなければならない状況に追い立てられる。
3分の1の患者では週に2回以上、中等症から重症の症状が起こる。特に夕方から夜間にかけて症状が増強するという特徴(勿論、日中でも症状が出現)があり入眠障害・熟睡障害中途覚醒のような睡眠障害の要因となり、また日常の座ったままやじっとした姿勢の活動を阻害されるため放置していると日常生活に大きな影響を及ぼす。この結果、副次的症状として昼間の疲労感を引き起こす。
実際、患者は昼夜にわたり生活の質(QOL)に悪影響を及ぼす様々な症状に苛まれている。回復が長引けば全身の「慢性疼痛」の症状がでてくる。
症状が悪化すると睡眠障害と過度のストレスから「うつ病」を招き、最悪の場合、自殺する人もいる恐ろしい病気である。睡眠障害を専門とする精神科医神経内科医の診断を受けなければならない。

原因[編集]
正確な原因はまだ解明されていない
神経伝達物質であるドーパミンの機能低下
中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常
脊髄や末梢神経の異常
遺伝的な要素
などが考えられている。脳内での鉄分の欠乏や、ドーパミンの合成異常がかかわっているという仮説が有力である。つまり、人間の神経で情報の受け渡しを行うドーパミンという神経伝達物質は鉄分が不足すると分泌量が減り、情報を正しく伝えることができなくなってしまいすべて脳への情報が誤って伝えられる為、身体の感覚に異常を感じるとされている。 周期性四肢運動障害とRLSは密接な関係があることが昔から議論されており、現在は同じ原因、同じ疾患カテゴリーに属すると考えられている[1]。

私の場合

 私もこの症状に見舞われた事がありました。主な自覚症状は上記引用内で赤文字で示しました。就寝時にお布団に入って横になると、足首から土踏まずのあたりまで、足の中がもぞもぞするんです。痛みはありませんでしたが、とにかくもぞもぞするんです。それがもう不快で落ち着かなくて、足を開いて足の中をマッサージしたいような衝動に駆られます。もぞもぞが気になって眠れないので翌日の活動にも響きます。

 wikiを読む限り私のは恐らく軽度の部類なんでしょうね。もっと重い症状に苦しんでいる人がいるのです。

 二年程前に私はこの症状に見舞われました。友達がこういう症状の話を十数年前にしていたのですが、その時は大変そうだなぁと思ったくらいで、まさか自分が同じ症状に見舞われるとは思ってもいませんでした。
 原因はわかりません。自営をいったん諦めて工場に就職した頃だったので、精神的なストレス的な何かが要因だったのかもしれません。

 症状に見舞われた初日からこりゃたまらんと、寝る姿勢をかえてみたり足を動かしてみたりして、布団の中でもぞもぞしていたんですが、足のもぞもぞは全く収まってくれません。そのうち疲れていつの間にか寝てるんですが、それまでに1時間かそれ以上かかりますし、翌朝から疲労感maxです。

 一週間か二週間、毎晩就寝時に症状が現れたかと思いきやある日突然症状が治まったり、帰宅後に椅子に座ってパソコンをいじってる時に症状が現れたこともあります。
 とにかくなんかこうじっとしている時に足がもぞもぞしだすのです。特に就寝時に発生率が高いというわけです。

 ネットで調べてみると怖い事が書いてありました。原因不明であり、根本的な治療法がないんですと。
 もう足を切り落としたい、どうにかしてくれ!と思ってしまうほど悩みましたが、なんせ患部が足の中なので、どうすることもできませんでした。

 寝る前にマッサージするとか、足の血行が良くなるよう常に姿勢に気を付けるとか、思いついたことをあれこれ試しても大きな変調は感じられず、諦めの気持ちが膨らんできたある日、ある事を思いついて、ある事を試したら、大きな改善を得る事ができました。今回の記事ではその方法をお伝えします。

 同じ症状に悩んでいる方はぜひお試しください。今晩から実行可能です!


やること

 就寝時、足は布団の中で、画像【1】のように、だらんとなっていると思いますが……

f:id:hyogokurumi:20170410192931j:plain


 画像【2】のように、天井に向かって立ててください。

f:id:hyogokurumi:20170410192941j:plain



つま先を天井に向かって立てればいいの?

 はい、形はそうです。起きて立っている時をイメージしてください。
 足に対して、「いま、起きている時だよ、立って歩いている時だよ」錯覚させるつもりで、やってください。

しんどいんだけど?

 はい、疲れたらやめてください。無理して持続させないでください。
 足の疲れが落ち着いたら、また足を立ててください。
 これを何度か繰り返してください。
 

何度かやってたら、疲れて眠くなってきたんだけど?

 はーい、おやすみなさい!(´▽`)


まとめ

 というわけです。
 足を立てていると、足がしんどくなってきます。何度もやってると、疲れます。そのあたりでもう、モゾモゾは感じなくなってきます。
 で、疲れたらそのまま眠りましょう。

 これだけです!

 きっかけは単純なことでした。「立っている時、立って歩いている時はモゾモゾしないから、寝る時も足にそう思わせればいいんじゃない?」と、ふと思ったことです。
 なので、なんとなく足を立っている時のように立ててみたというわけです!
 私はこの方法に気が付いてから、就寝時に不安にならずにすみました!
 そしてなんと! 二週間目くらいに、もうモゾモゾしなくなりました!

 この方法は私のように、主に就寝時に足首のあたりがモゾモゾする程度の人に使える方法だと思います。他の部位の人や、もっと症状がキツイ人はごめんなさい!

 でも、この症状はほんとうに藁にもすがりたいと思えるほど情報がなく、どんな小さな可能性でも頼りたいという人は多いと思います!

 症状が似てるという人はぜひぜひお試しください!!!ヾ(o´∀`o)ノ