HyogoKurumi.Scribble

言葉からは、逃れられない。

はあちゅうのツイート炎上について――傷ついた動物の姿を想像させた罪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ

↓↓↓CLICK HERE↓↓↓
発達障害攻略マニュアル――生き辛い境遇からの脱出
↑↑↑緊急告知↑↑↑

 私は「はあちゅう」のことが気持ち悪くてたまらない。まず名前が気持ち悪い。「はあ」(吐息)と「ちゅう」(キス)という単語をチョイスしてくっつけられる発想が気持ち悪いし、それを名前にできてしまう神経も更に気持ち悪い。イコン画像の表情も気持ち悪い。ツイートも気持ち悪い。とにかく気持ち悪い。

 でも今回の炎上は叩いてる人たちのほうが気持ち悪い。

 言っておくが「許されない人々」タグは、不特定多数からこいつ許せねぇ集中砲火をくらった人を挙げて言葉に言い表されていない事実を解説する主旨でやっているのであって、私が気に入らない人を挙げて始末する為のものではない。

 

 というわけで話を始める。

 炎上の火元はこれだ。

 

 このツイートが、不幸になるペットを増やすとか生き物の命を弄ぶ考え方だとかで炎上したわけだが、その反応について私はもやっとした感想を覚えた。

 ペットをちゃんと飼育できるのかという点おいては、SNSやブログのネタの自己利益目的で飼う人だって十分に信用できそうだと私は思う。ペットの飼育のことならなんでもネタにするんだろうし、その中で不適切な接し方があれば、読者やフォロワーという「監視者」が常にいるわけだから、すぐに指摘を受けることだってできるし、乱暴な飼い主であれば即発覚は免れないだろう。むしろ愛情を重視する人の方が私は怖い。ペットに飲尿療法を強いる馬鹿な飼い主だっているんだよ。

 だいたいそう思うなら、このツイートを読んで実際にネットで人気者になる為にペットを飼おうとしてる人に「あなたは飼わないで」と呼びかけたほうが、はあちゅうにおめーの血は何色だと吠えるより効果的である。はあちゅうにああだこうだと言ったところで、馬鹿な飼い主に飼われて不幸になるペットの数を減らすことはできないだろう。仮に本当にそういうことが起きたとしても、ペットに乱暴した奴が悪いに決まっているし、ペットを飼ったきっかけがはあちゅうのツイートだったとしても、そのペットが不幸になったこととはあちゅうには何の因果関係もない。

 

 つまるところ、このツイートにそういう主旨の批判を唱えることは、言いがかりに過ぎないのである。

 

 それでも炎上が起きてしまったのは、先のツイートが悪質な加害性を帯びているからである。動物虐待の実態に対する知識がちょっとでもあれば、ツイートの内容から「虐待を受けた痛ましい動物の姿」が容易に連想できてしまうだろう。

 自分のツイッターで、いつなにをつぶやこうがその人の勝手だが、今回のポイントは、多くの人が「そのストレスに対して無警戒だった」ということだ。

 例えるなら、カレーを食っている最中に下痢便の話を聞かされたとか、突然グロ画像を見せられたとか、ツイートを見た人はそれ同等のストレスを受けたわけである。グロツイートとでも言っておこうか。

 はあちゅうに対する集中砲火は文章内容がどうであれ、この不快感が根底にあるのだ

 ここだけは、はあちゅうが絶対勝てない部分なのである。

 

 私はアスペルガー障害の診断を受けているが、これは常識的な社会性があれば察して理解できることだと思う。こういう時に、本当に聞かなければいけないことは、言葉の内容ではなく、その言葉を作らせた感情が訴えていることだろう。

 しかし後のツイートを読む限り、どうやらはあちゅうにはそれがわからないらしいのだ。

 

 あぁ、気の毒に。

 人の心が受けるストレスを感じ取ることができない人は、ただの乱暴者だと私は思う。ネットで有名になる人ってこんなんばっかしだね。

 

 そしてこんなの相手に脈絡のないポエムを吐く人たちもっと気持ち悪いし乱暴者である。

 本当にペットのことを大事に思うなら、その感情ははあちゅうにぶつけるのではなく、安易にペットを飼おうとしちゃう人に向けるべきだろう。どっちが効果的であるかを考えてみたまえ。

 大多数の人達は、自分の気持ちを文章で表すことに不慣れなのかもしれないが、叩きと否定と正論で固めたキモポエムだけはすぐに書けてしまう、そんな感覚ばかりが鍛えられてしまっていることを恥じるべきである。

 そこだけは、はあちゅうの意見の勝ちとしか言いようがない。

 

ポケットモンスター モンスターコレクション MC_047 ライチュウ

ポケットモンスター モンスターコレクション MC_047 ライチュウ