HyogoKurumi.Scribble

言葉からは、逃れられない。

【誹謗中傷とは?】被害女性への誹謗中傷に対する非難をみて思ったこと【TOKIO山口達也】


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ

↓↓↓CLICK HERE↓↓↓
映画『アスペですが、なにか?』ついに公開!絶対観てね!
↑↑↑緊急告知↑↑↑

 TOKIO山口達也氏が自宅に招いた女子高生にチュウをした強制わいせつ事件で、ネット上ではその女子高生に対する誹謗中傷書き込みと、そのような書き込みをする行為を非難する意見が相次いでおり、広範囲で炎上が起きている状態だ。

 私も炎上を少し追ってみた。事件当事者達の名前を挙げて馬鹿だのカスだの死ねだの言ってる書き込みはまぁ感じ悪いよね。

 ただ、非難を受けている書き込みの中には、言い方が乱暴というだけで、誹謗中傷とは言い難いものが散見された。

 例えば、

『普通は自宅に行かない』

 これは女子高生の「選択」と「行動」に対する指摘であって、その女子高生「本体」に対する誹謗中傷ではない。

 被害者に寄り添っていない意見を、全て誹謗中傷と見なすような捉え方は短絡的と言わざるを得ない。

 わかりきったことをわざわざ言う必要がない、それが誹謗中傷にあたる、という意見もあるが、会話には順序というものがあり、その基準は人それぞれ異なるものだ。開幕、本題から話を始められる人はどちらかと言えば少ないだろう。

 それができることを当り前だと思っているなら、それは社会勉強不足に違いない。人に対して詳しくないと、公言してるようなものである。

 このような状況では、過去記事で定義した感想型と対応型の不毛な言い争いが嫌でも目に付く。自分の意見がなぜか相手に伝わらないと感じている人はこちらの記事を読んでほしい。

 

 あと今回の記事の最後に、春名風花氏のツイートで気になった書き込みがあったので、引用コメントした自分のツイートを残しておく。