HyogoKurumi.Scribble

言葉からは、逃れられない。

きのこたけのこ戦争 <1> プロローグ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ

↓↓↓CLICK HERE↓↓↓
映画『アスペですが、なにか?』ついに公開!絶対観てね!
↑↑↑緊急告知↑↑↑

※6年程前に小説の練習で書いた作品。原文ママノーチェック。スター10人からもらえたら次話投下します。

f:id:hyogokurumi:20180512021003p:plain

<1> プロローグ

 深夜、突然に鳴り響いた役所の鐘の音に、『きのこ王国』城下町の人々は叩き起こされるように目を覚ました。

 カーテンをあけて、外の様子を窺ったレナがいった。

「……もしかして、〝たけのこ王国〟の軍が攻めてきたのかしら?」

 城下町を囲む城壁辺りの空がぼんやりと赤く染まっていた。火の手が上がっていることも見て取れる。レナの兄、レインもベッドから起き上がってそっと窓の外を覗きみた。丁度その時、近所で果物屋を営んでいるベンおじさんが風呂敷を背に抱え、レインたちの住む雑貨屋の前を大慌てで走っていた。

「おじさんっ!」

 ベンは足を止め、二階の窓にいたレインに顔を向けた。

「レインくんか!」

「なにがあったんですか!?」

 レナもひょいと顔を覗かせる。

「たけのこ軍が奴らが攻めてきたんだ! きみたちも早く地下壕に逃げなさい!」

 地下壕は町の外れにある。主に災害時の避難所として使われている。

「わかりました! おじさんも気をつけて!」

 ガチャと窓を閉め鍵をかけたレインも、大急ぎで着替えながらいった。

「近々攻め込んでくるかもって噂は聞いてたけど……ほんとだったんだな」

「兄さん、本当に戦争なの?」レナは不安そうな面持ちをしている。

 レインは「なにを今更」とは思ったものの、確かに日常の中でその実感はあまりなかった。自分たちが目にする戦争とは、新聞が伝える政治情報や、城下町で見かける兵士の姿ぐらいなものだったから。

「……そうだよ。だから、僕らも早く逃げよう」

 レインはドアに手をかけ、レナを指差しながらいった。

「えっと……レナも着替えて。お金と食べ物を用意して。僕は母さんと父さんの写真を持ってくる」

「わかったわ」

 支度をおえた二人は、手を繋いで地下壕に向かって走った。地下壕に行くには一旦町の中心にある噴水広場を通った方が早い。近くに住んでいる住民も皆、同じ方に向かって走っていた。

「兄さん、こわい……」

 今年十六になったばかりのレナは日に日に女性らしくなっている。でもこの時のレナの顔は、まだ幼かった頃の、なんにでも怯えて、すぐに泣いていた時の顔をしていた。

「大丈夫だよ。ここまでは何も飛んでこないさ」

 レインは笑顔で答えた。レナは少し不安が拭えたように、笑みをみせた。

 丁度、噴水広場に辿り着いた時だった。

「気をつけろ! 投石が飛んできたぞー!」

 その誰かの叫びに空を見上げると、真っ赤な火の玉が飛んでくるのがみえた。

「……どこを狙ってんだよ! 俺たちは関係ないのに!」

 恐らく狙いを誤ったこぼれ弾だろうとレインは考えた。とっさに足を止めて安全な場所を探す。真っ先に目に留まったのは銀行の建物だった。あの建物なら頑丈なはずだ。

「レナ、こっちだ!」

 レインは、自分が先に行って、出入口が開いているかどうかを確かめるつもりだった。その兄としての使命感と逸る気持ちが、レナの手を放していた。

「――きゃあっ!」

 後ろから聞こえた妹の声。振り向いたレインがみたのは、転んでうつ伏せになっていた妹の姿だった。

「レナ! なにしてんだ! 早く! …………あっ!!!」

 その直後だった。別のこぼれ弾が、レナの傍にある建物を直撃したのだ。

 耳をつんざくような轟音と共に崩れゆく外壁が、レナの頭上に降り注ぐ。

「レナァァァ!」

 レナの元に向かおうとしたレインの体を、二本の太い腕が、ガシリと抱きかかえるように引き止めた。

「レインくん! そんなところでなにをしているんだ! 危ないからこっちに来なさい!」

 建物の中から現れたのは、ベンおじさんだった。

「レナが! レナがあそこに!」

「レナくんがっ!? わかった……ここで待ってなさい! きみは中へ!」

 ベンはレインを突き飛ばすように建物の中に押しやった。そしてまだ猛煙の立ち込める瓦礫の山に姿を消した。

「早く……助けないと…………レナ……レナ…………」

 レインはその場にへたりこんだまま、動くことが出来なかった。

 しばらくして、ベンおじさんが一人で戻ってきた。その険しい表情は全てを物語っていた。それでも、

「レナはどうしたんですか……」

 ベンはその声を無視するように、レインの腕をやや強引にを引いて体を起こした。

「……レナはどうしたんですか。どこにいるんですか…………」

 それはまるで息をしていないような、静かな声だった。

 ベンは応えた。

「レインくん、我々は地下壕へ向かう」

「…………レナくんは……別の人が助けていた。あの場にはいなかった」

 感情を押し殺しているような、どこか事務的な言い方だった。

「そんな人はいなかったよ…………いなかった……いなかったはず…………レナは……レナはどうなったんですか!?」

 ベンはレインの胸倉を掴んで言い放った!

「しっかりしなさい! ここで死んだらなにもならんぞ!」

「今はきみが生きることだけを考えなさい!」

 いつも温厚なベンおじさんに怒鳴られたこともショックで、レインは何も言えなくなってしまった。その後のこともよく覚えていなかった。気がついたら地下壕にいて、レナを探して、泣き疲れて、いつの間にか眠っていた。

 

 ――半年後

 レインは店のシャッターを降ろしていた。もう二度と開かれることのない、家族との思い出の詰まった店を閉めていた。

「本当に行くのか」

 静かな足音と共に、ベンおじさんがやってきた。

「おじさん……お世話になりました」

 レインは深々と頭を下げた。レナがいなくなったあの日から、ずっと、親代わりのように自分のことをみてくれていた人だった。

「レナくんのことは……不幸だった。だが、だからといってきみが!」

 レインはベンの言葉を遮るように、力強い眼差しで応えた。

「レナは関係ありません。これは、自分の意思です」

「俺はこの戦争を、終わらせたいんです」

「レインくん……」

 ベンは涙を堪えながら、レインを力強く抱きしめた。

「いつでも帰ってきなさい……きみを息子のように想う人がいることを、忘れないでおくれ」

「……ありがとう、ベン」

 レインもベンの大きな体をぎゅっとつかんだ。そのぬくもりを忘れないように。

 レインは父母から受け継いだ雑貨屋を閉め、きのこ王国軍に志願したのだった。

 兵士になる為に城に向かう彼の姿を、その勇姿を、小鳥たちのさえずりが包み込んでいた。

 それはまるで、彼の未来を祝福しているようだった――