HyogoKurumi.Scribble

人は、言葉からは逃れられない。

<1> プロローグ / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ



<1> プロローグ

 大勢の人々が行き交うの市街地エリアは、いつもと変わらぬ賑わいをみせている。

 その繁華街からやや外れた、くたびれた裏通りに一軒のガンショップがあった。

「でね、この間の仕事の時から、発砲音に違和感があるのよ」

 エーテル・アークライトはそう困った様子で、ハンドガンを触診するマークスに言った。細めた目に単眼鏡、手には小さな金槌。時折、コンコンと銃を叩いては、銃砲身やグリップ部分に耳を澄ましている。彼女にはその原始的な整備の手法がどうにも理解できない。ただ、彼の腕は確かだった。

 

 エーテルはアークスであり、私立探偵でもある。その仕事柄、自分でも銃の整備はできるのだが、今回のような目に見えない不調にはどうにも手が出せなかった。

「ふむ……嬢ちゃん、よく気がついたな。寿命じゃよ」

 エーテルは携帯ビジフォンをいじる指を止め、顔を上げた。

「え、寿命?」

「ここまで使ってもらえりゃ、この銃も本望じゃろ。眠らせてやんな」

 淡々と診断結果を述べるマークス。その表情の無さが、事実であることを強調していた。

 エーテルは言葉に詰まってしまった。これは大切な銃だった。

「……そんなぁ、なんとかならないかしら」 

「ふぅむ」

 肩を落としたエーテルをみて、マークスは腕を組んで考え込んだ。そして、顎にたっぷり生やしたもじゃもじゃの髭をいじくりながら言った。

「駄目そうなパ-ツは交換はしておこう。ただ、根本的な解決にはならんぞ」

「わかったわ。次の相棒が決まるまでだから」

 

 銃の整備を終え、店を出たエーテルは、フォトンバイクに乗って今回の依頼人宅へ向かった。

 V字型に可変したタイヤホイール、そこから放出される霧状のフォトンがバイクを浮かせ、ハイウェイを疾走する。

 

 ――彼女は幼い頃に両親を事故で失い、十歳になるまで政府が管理する孤児院で育った。その後は、元人間であるキャスト、スノゥの下で育てられた。

 アークスであり、そして探偵稼業もしていた父スノゥに憧れを抱くエーテル。しかし、父はそんな彼女に対し、「アークスにも探偵にもなるな」と言った。どちらも危険に身を投じる仕事だった。それでも特訓はしてくれたが、とても厳しいものだった。諦めさせる為だったのだろうと、彼女は考えている。

 ある時、依頼者が家まで礼を言いに来たことがあった。依頼の内容は知らなかったが、その時の感謝の眼差しを、幼かった頃の彼女は父の傍から見ていた。父は正義の味方だと思った。

 そんな父と、父の職に憧れてアークスになり、探偵稼業を継いだのだった。でも、綺麗な仕事ばかりではなかった。

 

 前回の仕事は浮気調査だった。アークスである夫が、仕事先で同僚と浮気していると、依頼主である妻は疑っていた。依頼を受けたエーテルは、その夫のあとをつけてナベリウスへ赴き、その先で証拠をなんなく掴んだ。依頼人には二人が口付けを交わしている写真だけを渡した。その後の行為――も、万一に備える目的で撮影はしたが、依頼主にはキスシーンの写真だけを提出した。浮気の証拠なら、それだけでも十分だと考えた。

 

 こんな依頼はいくらでも受けてきたが、彼女はまだ、家庭の不幸や危機と向き合うことには慣れていなかった。 

 依頼を終えてから三日も経っているのに、写真を見た時の悲痛に満ちた依頼人の顔が、脳裏に張り付いていた――

 

f:id:hyogokurumi:20170503170648j:plain

 


次話


作品PV



小説情報 

 表紙と挿絵は絵師のnukaさんに描いていただきました!

絵師nukaさんの主な活動ページ

 

 題材のゲームはこちらです!
(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2』 公式サイト