発達障害考察ブログ HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

【真相究明】尿膜管遺残症 その25―俺の臍炎が手術しても治らない!?(3終)

昨年の10月末から始まった尿膜管遺残闘病記にもようやく終止符を打つことができた。今日の診察で、先生から「完治」という診断をいただくことができたのだ。 長かった。本当に長かった。 年末年始も、 空とびの映画制作中も、 映画公開時も、 そのあとも…… …

【真相究明】尿膜管遺残症 その24―俺の臍炎が手術しても治らない!?(2)

今日は紹介状をもって総合病院へ行ってきた。 前回は真相究明編の1としながら余談のような内容だったが、今回は本編である。 2日前の土曜日に駅前の皮膚科で紹介状をもらった。先生には「今の治療法で治るとしても、原因や症状の正体を知った上で治療を続け…

【真相究明】尿膜管遺残症 その23―俺の臍炎が手術しても治らない!?(1)

さて、尿膜管遺残の話も今回から新章へ突入だ。 総合病院での術後検診と、駅前の皮膚科での再診察から二日が経った。 皮膚科での相談の末、尿膜管遺残発覚前に行っていた飲み薬と軟膏による治療を再開したが、今のところ変化はない。悪化もしてなければ回復…

「発達障害、いち抜けた」を宣言します。

先日、『発達障害攻略マニュアル』と題する記事を書きました。 この記事を書こうと思ったのはおよそ10年前、発達障害の克服をかけた、放浪の歩き旅の時でした。 いつか、発達障害の困難を解消する方法を言語化して本にしよう、誰でも買えるように500円くらい…

【退院】尿膜管遺残症 その22日―退院から一週間。術後検診。

退院から一週間。今日は術後検診の日。 手術で穴をあけた部分はもうかさぶたになっている。指で触ってみるとなんか皮膚の向こう側がもっこりしてる。手術前はもっこりなかったけど、特に痛みもないし、かさぶたの見た目から感じる順調に治ってますアピールは…

【図解】発達障害攻略マニュアル――生き辛い境遇からの脱出

本マニュアルは、中学2年生の時に障害特徴を自覚し、31歳の時に発達障害に分類されるアスペルガー障害の診断を受けた来未炳吾が、その半生の中で会得した発達障害特徴に関する考察から克服術までを言語化したものです。 このマニュアルを作ろうと心に決めた…

【退院】尿膜管遺残症 その21―退院から3日目。入院生活まとめ

退院から今日で3日目である。今日は午前中に映画館に行ってきた。日常に戻ってきた実感が一層強まった。 今回はこの3日間を振り返ったあとで、入院生活のことをメインとしたまとめ記事を書こうと思う。 退院1日目~3日目 退院初日 退院2日目 退院3日目 尿膜…

【入院】尿膜管遺残症 その20―入院7日目:退院日

朝7時。看護師に起こされる。体温はかっておいてねと言われる。 その一言を聞きながら、今日は退院日だ、と思う。 体を起こして体温を計り、まだ近くにいた看護師に報告した。 昨晩は寝入ったのが恐らく2時頃で、朝4時頃に一度尿意で起床。 朝食を待つ間にブ…

【入院】尿膜管遺残症 その20―入院6日目:退院前日

退院前日の朝。今日は何もないはず。肛門の痛みもほとんど感じない。うんこが楽しみ。お腹の痛みも10→1で安定。ベッドで横になってる状態から体を起こす時、今までは体を横にしてほぼ腕の力だけで起き上がってたんだけど、今日はベッド両側のフェンスを手で…

空のとびかたプロジェクト 活動を終えて その3

その3ではオフ会について、特に印象に残ってるエピソードについて語ろうと思う。 オフ会 オフ会は活動の中で、映画制作の協力者たちとのやりとりを除けば、一番気を使った部分だと言える。 気楽に過ごしてほしいという気持ちから、オフ会会場の利用方法に関…

【入院】尿膜管遺残症 その19―入院5日目:シャワー解禁

腹の治療を受けているはずなのだが、いま肛門の痛みが最も辛い。 6月1日入院5日目 6時30分〜 7時00分〜 8時00分〜 9時00分~ 10時00分~ 12時00分〜 13時00分〜 14時00分〜 15時00分〜 17時00分〜 18時00分〜 19時00分〜 20時00分〜 21時00分〜 22時00分〜 0…

空のとびかたプロジェクト 活動を終えて その2

その2では活動や制作の裏事情について語ろうと思う。特に映画の出来栄えについては、気になった人もいるだろうから、その点を中心に話そうと思う。 映画と活動について 空とび活動の以前にも、私は主にネット上で色んな活動を行ってきた。例えば小説を中心と…

空のとびかたプロジェクト 活動を終えて その1

入院5日目。お腹の痛みも術後を10とすると、今は1〜2くらいしか感じないし、ゆっくりなら真っ直ぐな姿勢で歩ける。体力も精神的にも余裕が出て来た。 昼食後、ちょっと時間が空いたので、はてなブログの下書きにストックしてた記事を書こうと思う。空のとび…

【入院】尿膜管遺残症 その18―入院4日目:エクスデス戦

夢を見た。巨大な腸のような生き物が街に現れて、人々をどうにかこうにかして襲っていた。自転車で坂を降りていった人は、その先が崖になっていることに気づかなかった。腸は体全体から人間のものと同じ形をした手足がムカデのように伸びていて、大きなショ…

【入院】尿膜管遺残症 その17―入院3日目:手術翌日

4日目の朝である。昨日よりなんとなく体力が戻っているのを感じる。今日ならゾンビ2体くらいなら倒せると思う。 朝の健診でも体温が36度台に戻っていた。昨日は37度弱あった。この熱は麻酔の影響とか体が回復中の為に起こるらしい。 5月30日 入院3日目 5時30…