御アクセスありがとうございます

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

来未炳吾の今後の活動について:その2

4月1日に『発達障害考察本』を出版してからは、来未炳吾の活動終了に向けて諸作業をしています。 終了予告後の動向は、下記「来未炳吾の今後の活動について」の記事にてお伝えしていたのですが、履歴がだいぶ増えてきたので、新規にお知らせページを作成しま…

私がオフィスのデスクワークでわかっていなかったこと

今の私は警備士だが、この職に就くまではオフィスで働く会社員だった時期もある。 中学生の頃から自身の障害特徴に自覚があり、私はずっと「普通の人」になることを目標に生きてきた。 今思えばすごい偏見なのだが、学生の頃の私にとって普通の人とは、サザ…

【PA-API】複数ASINの商品情報(ランキング、中古価格、商品リンクURL、他)をASIN一覧リストから一気に取得するコード【Python】

実は数年間ほど、副業の関係でAmazonアソシエイトプログラムのProductAdvertisingAPIサービスを利用していたのですが、副業の閉業や生活環境の変化に伴い、自分は引退となりました。そこで現役時代に使用していた半自作の、PA−API用のPythonコードを公開しよ…

あとがき:【PSO2二次創作小説】『LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2』

前話 <12> エピローグ あとがき 本作のあとがきは、私がネットを始めたきっかけのところから語らせてほしいです。後半まで本作の話ではなく、私とPSOとの関わりの話ですm(_ _)m 中学生の頃、私は自身の非定型言動のせいで嫌われすぎていじめられてしまったの…

はじめに:【PSO2二次創作小説】『LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2』掲載します。

本作は2013年頃に制作したPSO2の二次創作小説です。Kindle版夜行バスの人々を制作する前に、プロット作りができるようになろうと思って挑戦した作品です。 時系列としては「夜行バスの人々」(なろう版)➡「僕と彼女のカーニバル」(なろう版)➡「異世界ハーレム…

06:犬を捕まえてきて 4/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版)

前:05:犬を捕まえてきて 3/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版) 06:犬を捕まえてきて 4 神楽の住むマンションに戻った僕は、公園の水飲み場で手を洗ってからひとまずベンチに腰を下ろした。ここまでずっと歩き通しだったので、流石に疲労を感じてしま…

05:犬を捕まえてきて 3/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版)

前:04:犬を捕まえてきて 2/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版) 05:犬を捕まえてきて 3 こんなところに狼なんているわけがない。しかしあれはどうみても図鑑やネットの動画で見たことのある狼のフォルム――さぁ、どうする。 全身の細胞が「奴に背を向け…

04:犬を捕まえてきて 2/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版)

前:03:犬を捕まえてきて 1/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版) 04:犬を捕まえてきて 2 マンションを後にした僕は、必要なものを買い揃える為に近所にあった100円ショップに入った。地図アプリで検索して見つけた店だ。 神楽は犬種や体格、必要な部位…

03:犬を捕まえてきて 1/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版)

前:02:プロローグ 2/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版) 03:犬を捕まえてきて 1 一学期最後の土曜の夜。自室のベッドで横になりながらアプリゲームをしていると、スマホがメッセージを受信した。僕にメールを送ってくる存在は神楽しかいない。ただ、…

02:プロローグ 2/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版)

前:01:プロローグ 1/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版) 02:プロローグ 2 帰りの会が終わり、部活の準備や帰り支度を始めた生徒たちの喧騒の中、神楽は鞄を片手に一人で教室から出て行った。いつもの彼女の行動だ。恋人関係なら一緒に下校したりする…

【2020/6/29改定】発達障害症状の考察及び改善法に関する発信ポリシー

本ページでは、平極ルミが「発達障害の症状」に関する「考察及び改善法」を継続して発信する上での方針を表明しています。特に重要なことは赤字にしています。 初めて当ブログへ来た方は一読をお願いします。 発達障害症状の考察及び改善法に関する発信ポリ…

01:プロローグ 1/僕と彼女のカーニバル(加筆修正版)

前:『僕と彼女のカーニバル』(加筆修正版)掲載します。 01:プロローグ 1 高校生になっても僕の日常はなにもかわらなかった。 朝起きて、学校へ行って、授業を受けて、家に帰って、少し勉強をして、テレビやネットをみて……あとは寝るだけの毎日だった。 …

はじめに:『僕と彼女のカーニバル』(加筆修正版)掲載します。

小説の再掲載第3弾は『僕と彼女のカーニバル』という作品です。 本作も2012年から『小説家になろう』(https://syosetu.com/)で連載を始めた作品なのですが、連載して間もなくリアル事情で執筆が停止。数ヵ月後に連載再開できたのですが、完結した頃には一…

あとがき:夜行バスの人々(Kindle版)

あとがき この作品のことを振り返って思うことはそれほど多くはない。大部分が執筆までの経緯と、書き上げた後に起きた変化のことだ。 なろう版夜行バスを書き終えてから、私は小説の文章力を上げる為に他の作品を書くことにした。 その上で目を付けた弱点が…

<十二> 夜行バスの人々(Kindle版)

前:<十一> 夜行バスの人々(Kindle版) <十二> 一夜明けた朝。大垣は一人、外のベンチで空を見上げながら煙草を吸っていた。喫煙所の個室の中ではなく、外の空気に当たりながら吸いたい気分だった。 百円ライターを持つ右手が少し痺れていた。前を向け…