HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

自伝:発達障害者は読むな! その10『幕間:プロローグ』

前回:自伝:発達障害者は読むな! その9『陽の光』 その10は、プロローグのまとめとします。 中学二年生の私は、「自分はいじめられている」「人をいじめる悪魔のような奴らがクラスにいる」と思い込んで生きていました。 でも、それらは全て思い込みだ…

自伝:発達障害者は読むな! その9『陽の光』

だいたい休日の前に書くのが日課になりそうです。 前回:自伝:発達障害者は読むな! その8『自分を作り変える方法』 「なぜ?」と「なぜなら」を頭の中で繰り返しながら家の外に出た。「理由」の確認は日常的な行動に対してのもので、極めて作業的だった。…

自伝:発達障害者は読むな! その8『自分を作り変える方法』

前回のその7から自伝のタイトルが決まりました。『発達障害者は読むな!』と言います。可愛がってください。 前回:自伝:発達障害者は読むな! その7『努力』 また頑張ろうと思えたのはいいが、このまま生きていくわけにはいかなかった。 自分の「なにか…

自伝:発達障害者は読むな! その7『努力』

自伝のタイトルが決まりました。今回から付けていきます。 題して『発達障害者は読むな!』です。 発達障害な人は読まないでください。 それではいってみよう! 前回:自伝:タイトル未定 その6『気づき』 ゲームの攻略で使う感覚は、現実世界にも同じこと…

自伝:タイトル未定 その6『気づき』

続きを気にしてくれる人がいるのは嬉しいね。 さぁ書くぞ! 前回:自伝:タイトル未定 その5『死にたい』 私が自身のいじめ体験を通して日常的に死を意識するようになった丁度その頃、メディアは連日狂ったように、いじめによる少年の自殺ニュースを報じて…

自伝:タイトル未定 その5『死にたい』

誰も読んでないだろうけど書くぞ。 前回:自伝:タイトル未定 その4『廃人』 廃人生活中の私は、何も考えず、何も意識しないようにした。 家にいる時も、学校にいる時も、目の前で起きていることは全て、電車から外を見た時に流れていく風景のようなものだ…

自伝:タイトル未定 その4『廃人』

こつこつと書く。 前回:自伝:タイトル未定 その3『俺の人生は終わった』 精神病院へ連れてってくれと、辛そうな顔をして言ったはずなのに、母はプイと調理場の方を向いて仕事に戻って行った。その背をみながら私は絶望した。 そして何かが切れて弾けた。…

自伝:タイトル未定 その3『俺の人生は終わった』

これを書いている今日、「トガニ」という韓国映画を観た。これは全ての障害者に観てほしい映画だと思った。 前回:自伝:タイトル未定 その2『いじめられではなく、いじめさせていたのだった』 自分に対するいじめは自分のせいで起きていた。 その推理を、…

【まとめ】尿膜管遺残症闘病記【8ヵ月】

先月の7月31日、やっと傷病手当の保険金が入金されました。金額は12日間分で、39,996円でした。 これで、今回の尿膜管遺残症の闘病に関する全ての手続きとその処理が終了したことになります。ようやく終わりました! というわけで今回は、最後のまとめをした…

謝罪文

借金玉氏に対して「反社会勢力的な手法を採用している、あるいは反社会的勢力と関わりがある」という風評・誤解を生みかねない発言をした旨を謝罪し、同氏に今後一切の言及を行わないことを誓約いたします。 この度は本当に申し訳ありませんでした。当該テキ…

自伝:タイトル未定 その2『いじめられではなく、いじめさせていたのだった』

コツコツ書かないとやる気がだれてしまいそうなので、休日はなるべく書くようにする。 前回:自伝:タイトル未定 その1『考える、ができるようになった』 考える感覚がわかった私は、その力を使って自分の言動を振り返ることにした。 自分の意思で自分の言…

自伝:タイトル未定 その1『考える、ができるようになった』

自伝のタイトルも決めないまま打ち込みを始める。 どこから書こうかと考えて考えた末、やっぱりここからだよなということで、中学二年生のあの日の出来事から語ろうと思う。 私の人生の軌道が大きく変わった日。「考える」ができるようになった時のことだ。 …

自伝書に再挑戦します

先日ツイートした通り、自伝書の執筆に再挑戦することにしました。 30歳の頃に「絶対に書く!」と思っていた時の気持ちは、今年4月に公開した『空のとびかたプロジェクト』の映画制作活動で消化したつもりだったのですが、活動を通して得られた新しい気づき…

偽ビジネスの見分け方!私が「怪しい」に気づけなかった理由

私が中学生の頃、自営で飲食店のコックを勤める父が、胆石をとる手術で入院した。 手術は成功し、順調に回復して仕事にも復帰したのだが、入院生活によって体力が落ちたせいで、店を早めに閉める日が続いた。売り上げも落ちた。 そんな時に、我が家に現れた…

【映画感想】実写版 鋼の錬金術師「仮面ライダーみたい」★★☆☆☆

実写ハガレンをみた。 原作は2~3回読んだし、アニメも一期と二期両方みた。映画も二作とも見た。 その上で言う。 これはないなぁ。 もうアニメの実写映画化は制作する前に、小道具とか衣装やセットを再現した展示会をやって、評判が良ければ制作するとい…

知人に死刑囚がいる心境を書く

7月6日にオウム真理教の元代表麻原含むメンバー7人の死刑が執行された。 地下鉄サリン事件のことは忘れたことないけど、このニュースを見て久しぶりに当時のことを振り返った。 事件が起きた時、私は中学生になる直前だった。子供ながらに、やばすぎる事件が…

タイ洞窟救出オメ! 洞窟脱出系映画紹介

タイ洞窟、少年とコーチ全員救出、良かったですね。 救出作業に加わっていたダイバーが1人亡くなったのが残念。 これ映画化候補じゃないかな? というわけで私が観たことある洞窟もの映画を紹介します。 『サンクタム』 オススメ度:★★★★★ 『ディセント』 …

【平成30年7月豪雨】7月分のネット収入を全額、西日本災害の支援金に充てます

対象となる収入 告知理由 GoogleAdsense Amazonアソシエイト kindle自著 LINEスタンプ お断り 心境 補足 追記8月12日 記事タイの通り、私は7月分のネット収入を全額、西日本災害(正式名称:平成30年7月豪雨)の支援金に充てることにしました。 対象となる収…

【最終回】俺の臍炎が手術しても治らない3【完治】

昨年の10月末から始まった尿膜管遺残闘病記にもようやく終止符を打つことができた。今日の診察で、先生から「完治」という診断をいただくことができたのだ。 長かった。本当に長かった。 年末年始も、 空とびの映画制作中も、 映画公開時も、 そのあとも…… …

映画ご視聴後のアンケートご協力のお願い『本作品を観て、『映画』だと思えましたか?』

空のとびかたプロジェクト制作の映画『アズペですが、なにか?』のWEB公開からもうすぐ三ヵ月が経ちます。映画ページへのアクセス数は今のところ1,100回ちょっとです。毎日なんとなく伸びている感じです。 先日、劇中のインタビューシーンへのタイムリンクを…

python歴一週間で、ずっとほしかったツールを自作することができた!

先週の土曜にpythonデビューしたばかりなのだけど、ずっと前からほしかったツールを作ることができた。ツールといってもコマンドプロンプト上で走ってファイルを出力する感じで、ツールなんて製品のものか無料でダウンロードできるものしか使ったことがない…

pythonはじめました。みんな応援してくれよな。

先週の土曜にpythonデビューしました。 仕事の関係でずっと前からほしいなぁほしいなぁと思っていたツールがあるんですが、仕組みは単純だってことはわかっていて、だからいつかプログラミングを覚えてiosアプリ開発で自作したいって思ってたんです。 そんで…

【真相究明編】俺の臍炎が手術しても治らない2【かぶれだと?】

今日は紹介状をもって総合病院へ行ってきた。 前回は真相究明編の1としながら余談のような内容だったが、今回は本編である。 2日前の土曜日に駅前の皮膚科で紹介状をもらった。先生には「今の治療法で治るとしても、原因や症状の正体を知った上で治療を続け…

togetterの尿膜管遺残症のまとめ記事について

尿膜管遺残症の件はtogetterでもツイートをまとめているのですが、たくさんの人にアクセスしていただいたので、補足などを加えてよりまとまった内容に仕上げました。 こちらも合わせてお楽しみください。 hyogokurumi.hatenablog.com

【真相究明編】俺の臍炎が手術しても治らない1【尿膜管遺残症】

さて、尿膜管遺残の話も今回から新章へ突入だ。 尿膜管遺残症の記事を全て読む 総合病院での術後検診と、駅前の皮膚科での再診察から二日が経った。 皮膚科での相談の末、尿膜管遺残発覚前に行っていた飲み薬と軟膏による治療を再開したが、今のところ変化は…

3ndシーズンの初めに自己紹介します。

来未炳吾と申します。よく間違えられるのでひらがなで書くと「くるみひょうご」です。来未炳吾はネット上の活動名で、本名ではありません。 リアルでは警備士をして生計を立てています。アスペルガー障害の診断を受けていますが、不注意やコミュ障など、発達…

2ndシーズンのまとめ――発達障害との決着

先日アップした発達障害攻略マニュアルと尿膜管遺残症の退院の記事を区切りに、2ndシーズンを終了したいと思います。 シーズンなんてあったのかと言われそうですが、あったんです。 1stシーズンのまとめはこちらです。 1stシーズンのまとめ――発達障害あるあ…

「発達障害、いち抜けた」を宣言します。

先日、『発達障害攻略マニュアル』と題する記事を書きました。 この記事を書こうと思ったのはおよそ10年前、発達障害の克服をかけた、放浪の歩き旅の時でした。 いつか、発達障害の困難を解消する方法を言語化して本にしよう、誰でも買えるように500円くらい…

【退院】尿膜管遺残症まとめ【後編】

退院から一週間。今日は術後検診の日。 手術で穴をあけた部分はもうかさぶたになっている。指で触ってみるとなんか皮膚の向こう側がもっこりしてる。手術前はもっこりなかったけど、特に痛みもないし、かさぶたの見た目から感じる順調に治ってますアピールは…

【図解】発達障害攻略マニュアル――生き辛い境遇からの脱出

本マニュアルは、中学2年生の時に障害特徴を自覚し、31歳の時に発達障害に分類されるアスペルガー障害の診断を受けた来未炳吾が、その半生の中で会得した発達障害特徴の克服術を言語化したものです。 このマニュアルを作ろうと心に決めたのがおよそ10年前。…