御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2015年12月31日
2019年5月3日 1,000,000PV達成

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。
NEW
言壁の棺
↓↓↓ CLICK HERE ↓↓↓
↑↑↑ 発達障害考察本Amazonで販売中 ↑↑↑

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

あぶり出し型脳

私のいつもの1日とともにお伝えする発達障害症状が「悪化する要因」と「予防のポイント」

当ブログではこれまで発達障害症状の考察と改善法をメインに、活動の後期では改善後の予防について語ってきました。現在の私は症状を改善した状態で、症状の予防を意識しながら平穏な生活を送っています。発達障害のことを日常の中で意識することはほとんど…

『あぶり出し型脳』情報まとめ/引用ガイドライン

2022/7/1 記 本ページの内容は新サイトに移管しました。リンク先でご確認ください。 hyogokurumi.com

【300RT/8000PV】発達障害特徴の克服その3『仕事の習得困難はこう治せ!』

あぶり出し型脳に関する情報を読むために御アクセスされた方は、必ず下記記事からお読みください。 重要:19/6/6:記事のタイトルを変更しました。 6/5迄 :発達障害を体験する記事――真面目なのに仕事の習得ができない人の感覚 6/6以降:発達障害特徴の克服…

【図解】発達障害攻略マニュアル:生き辛い境遇からの脱出

本マニュアルは、中学2年生の時に障害特徴を自覚し、31歳の時に発達障害に分類されるアスペルガー障害の診断を受けた来未炳吾が、その半生の中で会得した発達障害特徴に関する考察から克服術までを言語化したものです。 このマニュアルを作ろうと心に決めた…

【意識の加工法】人は「感覚→思考」の順で頭を使わないと狂ってしまうという話

あぶり出し型脳に関する情報を読むために御アクセスされた方は、必ず下記記事からお読みください。 今回は頭の使い方に関する、ある気づきのお話です。 この気づきは、昨年ある職場で勤めていた時の体験から得られたことで、それから一年経った今も日常の中…

【後編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い

あぶり出し型脳に関する情報を読むために御アクセスされた方は、必ず下記記事からお読みください。 以下、本編 【前編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い 特報 2020年5月13日…

【前編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い

あぶり出し型脳に関する情報を読むために御アクセスされた方は、必ず下記記事からお読みください。 以下、本編 私は31歳の時に発達障害の診察を受け、アスペルガー障害の診断を受けました。でも、中学生の時から既に非定型特徴の自覚があり、長年、自身の特…