御アクセスありがとうございます

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

2019年5月3日 1,000,000PV達成

いじめ

『へんなこ』を読んでくれた人へ:いじめは交通事故に置き換えると考えやすい

この記事では「へんなこ」を読んでくれた人向けに、へんなこを創作するまでのエピソードや、私のいじめ問題論の話をします。あとがきみたいなノリで書きます。ご関心ある方はお付き合いください。 へんなこを創作するまでのエピソード いじめは「交通事故」…

【後編】いじめは「いじめた方が悪い」だけで終わらせてはいけない理由――貴方はいつまでいじめ被害者を盾にポエムを吐くのか

⇒【前編】http://hyogokurumi.hatenablog.com/entry/2017/07/19/221852 ⇒【中編】http://hyogokurumi.hatenablog.com/entry/2017/07/23/215727 前編と中編を通して、私のいじめに関するエピソードを話した。 前編のAちゃんは「遊びの悪化」、中編の私の場合…

【中編】いじめは「いじめた方が悪い」だけで終わらせてはいけない理由――貴方はいつまでいじめ被害者を盾にポエムを吐くのか

⇒【前編】http://hyogokurumi.hatenablog.com/entry/2017/07/19/221852 中学生の頃にいじめられた話 一回目の学級会 二回目の学級会 二年生 友達まで おかしいのは私だった 【後編】いじめは「いじめた方が悪い」だけで終わらせてはいけない理由 関連 中学生…

【前編】いじめは「いじめた方が悪い」だけで終わらせてはいけない理由――貴方はいつまでいじめ被害者を盾にポエムを吐くのか

今年も夏がやってくる。いじめられている者にとってこの長期連休は、一時の休息というだけではなく、学校を辞めたいという気持ちが強まったり、自殺のことを調べたり、実際に決行しちゃったりもする、運命の分かれ道に行き当たる時と言っても過言ではない、…

【170RT/10000PV】私は『考える』ができるようになった瞬間の事を覚えている『「身障」「知恵遅れ」と呼ばれていた子供に起きた突然変異!』

特報 2020年5月13日追記:本記事はKinldle本『発達障害考察本2:心理校閲』収録記事です。詳細は下記特設ページをご確認ください。 以下、本文 例えば、リビングのソファでコーヒーを飲みながら、昨日の事を考えてみる。洗濯や掃除といった日常の事、夕食の…

またいじめについて語ってみた(2016/10)

毎年夏は創作サイトやブログの中で、自身の体験を基に、いじめについて語ることにしている。夏休みの終わりと共に、いじめを苦に自殺者してしまう若者が多いからだ。 私も中学生の頃、日常がいじめ状況に陥った。その体験をきっかけに自身の非定型特徴に自覚…

いじめについて語ってみた。『いじめは不治の病ではない』

数日前に『海底の君へ』という単発ドラマが放映されたことで、いじめ問題への関心がまた一時的に高まったようですね。twitterのタイムラインでも久しぶりにいじめに関するツイートを見かけました。 我が家にはテレビがないのでドラマの内容については語れな…

『へんなこ』

むかしむかし あるところに へんなこが いました。へんなこは しょうがくせいのとき くらすめいとから いじめられていました。くず しね きえろ うざい きもちわるい と たくさんのきたないことばを いわれました。へんなこは せんせいに そうだんしました。…