御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2015年12月31日
2019年5月3日 1,000,000PV達成

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。
↓↓↓ CLICK HERE ↓↓↓
↑↑↑ 発達障害考察本Amazonで販売中 ↑↑↑

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

その他

近況の話:業務妨害や名誉棄損などの中傷沙汰は創作できる

先日起きた旅館夕食の炎上マーケティングの件で、弁護士ドットコムさんの記事にこれからのネットとの関わり方のことでぜひ覚えておきたい記述があったので紹介します。 ●業務妨害といえる余地があるーー「万座亭」は公式HPで否定コメントを出しています。 「…

前日譚 / 【PSO2二次創作小説】『LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2』

本編 【PSO2二次創作小説】『LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2』全話 <1> 夢 <2> アークス連盟本部 <3> エーテル <4> A廃ビル <5> エピローグ <1> 夢 ――彼女が自分の名を呼んでいた 目と目が合うと いつもの笑みを見せてくれた 後ろ手に腕を組ん…

近況の話:コロナパニックにおける警備員(2号)の現状(考察本2読者向け)

お久しぶりです。新規記事は考察本2の発売以来です。今回はその考察本2の内容に関する話です。 【セール価格&考察本2発売中】『発達障害考察本』特設ページ 考察本2の内容には発達障害者の適職、その最適解として誘導警備員(2号)を推奨する記述があ…

近況の話:考察本2の進捗と新活動名への切替のタイミング

あけましておめでとうっていう正月の雰囲気はあんまり好きじゃないんだけど、今年の年末年始は今までの人生の中で一番楽しめたと思います。妻との生活の中で、やはり私の生まれ育った環境は異常だったと痛感しています。 考察本2の進捗 現在は「はじめに・…

近況の話:考察本2の内容と新活動名「平極ルミ」

三ヵ月ぶりに記事を書くぞ。 お知らせ:『心理校閲――発達障害考察本2』(仮題)制作の告知 近況の話 カテゴリーの記事一覧 【19/6/15~】来未炳吾の今後の活動について:その2 発達障害考察本の販売点数をみたら250冊を超えていた。流石に出版時の勢いは面影…

近況の話:普通の生活とは

二ヵ月ぶりに記事を書く。 前回 【19/6/15~】来未炳吾の今後の活動について:その2 - 発達障害考察ブログ 発達障害考察本の出版後は来未炳吾の活動終了に向けた整理をしていた。その作業も今はほぼ終わり、現在は仕事と生活の合間に、警備職関連の資格取得…

【PA-API】複数ASINの商品情報(ランキング、中古価格、商品リンクURL、他)をASIN一覧リストから一気に取得するコード【Python】

実は数年間ほど、副業の関係でAmazonアソシエイトプログラムのProductAdvertisingAPIサービスを利用していたのですが、副業の閉業や生活環境の変化に伴い、自分は引退となりました。そこで現役時代に使用していた半自作の、PA−API用のPythonコードを公開しよ…

あとがき:【PSO2二次創作小説】『LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2』

前話 <12> エピローグ あとがき 本作のあとがきは、私がネットを始めたきっかけのところから語らせてほしいです。後半まで本作の話ではなく、私とPSOとの関わりの話ですm(_ _)m 中学生の頃、私は自身の非定型言動のせいで嫌われすぎていじめられてしまったの…

はじめに:【PSO2二次創作小説】『LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2』掲載します。

本作は2013年頃に制作したPSO2の二次創作小説です。Kindle版夜行バスの人々を制作する前に、プロット作りができるようになろうと思って挑戦した作品です。 時系列としては「夜行バスの人々」(なろう版)➡「僕と彼女のカーニバル」(なろう版)➡「異世界ハーレム…

発達障害をゲームで改善するって話について思ったこと「期待できるぞ」

発達障害をゲームで治療するという話、小出しレベルの報道も含めれば結構前からあったんですが、臨床試験上でも結果を出せているという報道が出て、また注目が高まっていますね。 こういうの、私はアリだと思っています。それは私自身が提唱している発達障害…

この時代の出版業界は『文字や言葉に金を払う習慣』を、この先の時代にも受け継いでいくことができるのだろうか

私は人の言葉は聞けるし文章も読めるのだが、発達障害の特性故か、「学習」という形での理解ができない人だった。ただ聞ける、ただ読める、というだけだった。いつからか「人の言葉から考えるより、自分で考えた方が早いわ」と思うようになり、自分の言葉を…

【2020/9/29改定】発達障害症状の考察及び改善法に関する発信ポリシー

本ページでは、平極ルミが「発達障害の症状」に関する「考察及び改善法」を継続して発信する上での方針を表明しています。特に重要なことは赤字にしています。 初めて当ブログへ来た方は一読をお願いします。 発達障害症状の考察及び改善法に関する発信ポリ…

【はじめての方】発達障害の考察と改善法の主要記事とその軌跡、及び発信ポリシー

本記事は当ブログの発達障害考察と心理校閲の主要記事、その考察の軌跡です。初めて当ブログに来た方、どこから読めばいいかわからない方、人に勧めたいけど何から読ませればいいかわからない方は、とりあえずこの記事からどうぞ。 はじめに 発信ポリシー 発…

当ブログと考察本への言及記事紹介

当ブログと考察本への言及記事紹介ページです。 言及した旨をご連絡くだされば、こちらからもリンク引かせていただきますm(_ _)m Twitter上の言及はこちら togetter.com 以下、ブログやホームページ上での言及 2016/3/22 ameblo.jp 2016/3/31 plaza.rakuten.…

はてなブログカスタマイズ:HTML編集を「みたまま」へ変更・TwitterとFacebookのシェア数表示・広告や画像の固定追尾表示・スマホ画面時は右側広告消去

人気記事のコメントが表示されなくなっていたのでサポセンに問い合わせたら驚愕の事実が判明し、行き場のない怒りと悲しみの勢いに任せて記事を書く。 紹介している方法はバックアップを取った上で、全て自己責任で行うべし。 「HTML編集」モードで作成した…

発達障害からみた警備(2号)の話:警備歴3年目

今年の3月で警備員2年目が終わり、3年目に入りました。流石3年目になると、もうどこにいってもベテラン使いです。配属先によってはその日いる隊員の中で一番経験者の時もあります。 今日までを振り返って思うのですが、やはり警備と発達障害は相性が良いと思…

【2013年小説家になろう掲載】『若者や社会人が発達障害かな?と思ったら読むところ』本文と読者からの感想

パソコンの整理をしていたら2013年に『小説家になろう』に掲載した『若者や社会人が発達障害かな?と思ったら読むところ』と、読者からいただいた感想のバックアップデーターが出てきたので、資料的役割としてブログで紹介しようと思います。 掲載当時のステ…

1000000PV記念記事:発達障害治せる治せない論争について思ったこと

5月3日の今日、朝起きてアクセス数を確認したら、100万PVを突破していました。下記がブログのステータス状況です。参考までに。 『【4/21更新】来未炳吾の今後の活動について』でもお伝えした通り、来未炳吾の活動的には終了に向かっているのですが、今回は1…

あとがき:夜行バスの人々(なろう版)

あとがき 将来は物書きになりたい。 なんでも文章で話せる人になりたい。 この小説を書いていた頃の私は、自分の将来の道をそんな風に決めていた。 あとがきでは、この小説を書くことになった経緯や、書いている時に考えていたことや当時の心境、今だからわ…

第25話 ≪ エピローグ ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第24話 ≪ 最終話(後編) ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第25話 << エピローグ >> 十二月十七日 十六時三十二分 愛知県 名古屋某所 車の走行音も人混みの喧騒もない、静寂に包まれた無人無車の街を走る、一台の車の姿があった。 それは顕示と咲の乗る車…

第24話 ≪ 最終話(後編) ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第23話 ≪ 最終話(前編) ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第24話 ≪ 最終話(後編) ≫ 向坂は言葉に迷っていた。皆が必要とするはずの車の鍵。それを持っていながら、誰にも言わずにここを出ようとする。それがもうありえない。 その警戒心が向坂を慎重に…

第23話 ≪ 最終話(前編) ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第22話 ≪ 桑部さん ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第23話 ≪ 最終話(前編) ≫ 売店を後にした顕示はバスに戻った。リュックには缶詰や干物、飲み物など、日持ちしやすい食べ物を三日分ほど詰め込んだ。 「お待たせ。こっちは準備オッケーだよ」 「私も…

第22話 ≪ 桑部さん ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第21話 ≪ パーティー ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第22話 ≪ 桑部さん ≫ 建物を後にした探検隊は、下り側サービスエリアに戻ってきた。玄関口の屋根の下で、びしょびしょに濡れたレインコートを脱ぐ。 「皆さんお疲れ様でした。一人も怪我人がでなくて…

第20話 ≪ 消失の定義2 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第19話 ≪ 顕示 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第20話 ≪ 消失の定義2 ≫ テーブルの上には、レインコートや透明傘、消毒液や絆創膏、菓子類といったポケットに入る大きさの食べ物など、〝探検グッズ〟が寄せ集められていた。医療品や食料は、上り側のサ…

第21話 ≪ パーティー ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第20話 ≪ 消失の定義2 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第21話 ≪ パーティー ≫ 真っ先に気がつくべきだった。向坂は今までの自身の行動を振り返り、落胆した。いつでも気がつけたことだ。自分が情けなくなる。しかし、気を落としたところでなにかが変わ…

第19話 ≪ 顕示 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第18話 ≪ 探検隊 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第19話 ≪ 顕示 ≫ 話し合いが終わった後、乗客たちは手分けしてテーブルを元の配置に戻していた。顕示と咲はそのごたごたとした隙をついて、売店エリアにある従業員用ドアを通った。 「それ、なんですか?…

第18話 ≪ 探検隊 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第17話 ≪ 広野 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第18話 ≪ 探検隊 ≫ 「皆さんで、意見や希望を出し合っていく形にしたいのですが、えー……、まずは現状を再確認したいと思います。我々は今、この竜瓜山という山の中にある、竜瓜サービスエリアという所にい…

第17話 ≪ 覚悟 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第16話 ≪ 広野 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第17話 ≪ 覚悟 ≫ 携帯電話が光った途端、着信メロディが鳴り響いた。 仁村は慌てて携帯を掴み、コールを切った。 鳴った……電話が鳴った…… ちゃんと、かかるんだ…… 四人は言葉にできない動揺を、事実として…

第16話 ≪ 広野 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第15話 ≪ 普通の人 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第16話 ≪ 広野 ≫ 顕示は自販機に缶コーヒーを買いに行った。 その場で待つ咲は、自分自身に驚いていた。 どうしてこんな推測が、イメージが浮かんでしまったのだろう。普段、無意識の内に浮かぶイメー…

第15話 ≪ 普通の人 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第14話 ≪ 目撃者 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第15話 ≪ 普通の人 ≫ 高月がいた。久しぶりだな、と挨拶を交わす。 スーツを着ていることを笑われた。似合ってるだろ、と笑い返す。 東京での暮らしのことを聞かれた。いい経験になったよ、と話した―― ぼ…