HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

サイコライター

わい親創価、妻親エホバ

妻のことで、ずっと前から気になっていることがあった。どうやら妻は幼い頃、親からベルトでお尻を叩かれたことがあるらしい。それは妻と一緒に暮らし始めた五年くらい前に、生まれ育った家庭環境の雑談の中で聞いた話だった。 その時は妻も、なんとなく仄め…

【疑い】尿膜管遺残症 その8―総合病院とCT検査

一昨日の金曜の夜、シャワーから出た後にへそを見ると、やはり膿が染み出していた。それをみてもうなんか心が折れてしまった。「ああ、治らないなこりゃ」って思ったのだ。 翌日、会社に電話をして月曜と火曜を休みにしてもらった。これは月曜に診察に行く為…

制作日誌No.52:入院するかもしれん

映画の映像もあとは出演者からの最終確認待ちとなり、いよいよやることが絞られてきた。 昨日の土曜の夜は、「発達障害BAR The BRATs」さんのお店に行って映像の再生テストをしてきた。お店のモニターで無事再生ができることを確認した。あとは試写会の内容…

【意識の加工法】人は「感覚→思考」の順で頭を使わないと狂ってしまうという話

今回は頭の使い方に関する、ある気づきのお話です。 この気づきは、昨年ある職場で勤めていた時の体験から得られたことで、それから一年経った今も日常の中で意識することが多く、言語化して広く共有する価値があると思い、記事を書くことにしました。 特徴…

【疑い】尿膜管遺残症 その7―軟膏の塗りすぎ?

前回の診察から一週間経った。へその状態は膠着してる。ガーゼを使うようになったお陰で少し良くなった気もしたが、ほんとうにちょっとだけだった。 やっぱ駄目かもしんないな、という諦めが膨らんでくる。 自分が何か悪化させてしまうようなことをしていな…

空のとびかたプロジェクト 映画制作とこれまでの活動

私はいま、発達障害と就労をテーマにした『空のとびかたプロジェクト』という映画制作活動をしている。 映画の制作は最終チェックをする段階に入り、なんとなくだが、もうすぐ終わるんだなという実感も湧いてきた。 これまでのことは、ブログの制作日誌の記…

私は一色登希彦先生の『日本沈没』が大好きだ!

私はいま『空のとびかたプロジェクト』(http://www.soranotobikata-project.com/)という発達障害と就労をテーマにした映画制作活動をしている。 その映画は、私がある漫画の作者様にファンレターを届ける旅の映像と、出演してくださった他の当事者の方達の…

制作日誌No.51:試写会、本編完成間近、スマホ映画

映画の試写会はYOUTUBEの限定公開機能を用いて、ネット上だけで済ます予定だったが、やはり映画制作活動と言うからにはリアルでもやりたい。 しかし場所の当てがなかった。豊島区の文化館にそういう場所もあった気がするが、やるなら堅苦しい雰囲気じゃなく…

発達障害の適職として警備士は一つの答えのような気がする

警備士になってから今月で一年になる。今日まで特に問題なく勤めることができた。どこで働いても適応できなかったこれまでの人生がなんだったのかと思えるほど、この仕事は私に合っている。 なぜこんなにも適応できちゃってるのか、今日まで考えて続けてきた…

我武者羅は努力じゃないって思ってる

ここ最近タイムラインで努力や根性論に関するツイートや何かの記事がよく流れていて、目に留まる度に自分の過去を振り返っていた。 普通の人になる為に頑張ろうと誓った中学生の時、私は寝る前に必ずその日一日を振り返るようにした。自分の一日の言動を見直…

2018年の自己紹介

2018年になりました。遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。 今年は自己紹介の記事を初めに書こうと思います。 名前は来未炳吾(くるみひょうご)と申します。これは活動名で、本名ではありません。 今年で35歳になります。既婚です。 31歳の…

「言い知れぬ予感」の話――続:BBS世代とSNS世代の違いから考察する言語認識の根本的違い

今年4月の末にBBS世代とSNS世代の違いから考察する言語認識の根本的違い――ネットに向かって喋る人たちという記事を掲載しました。 掲載してすぐに多数の反応が寄せられるようになり、ピーク時にはスマホの通知が止まらなくなり、発達障害特徴の克服そ…

連載終了の告知:『絶歌』読書感想文

不定期に掲載していた『絶歌』の読書感想文ですが、連載を終了することにしました。理由は、発達障害に対する私の考え方が大きく変わったからです。 私は長年の疑問「少年Aは発達障害なのか」に解をみつけるべく、この連載を始めました。それが2016年の6月で…

ビジネスマンと発達障害者の類似点について語る――「仕事人間」が家族を苦しめる謎の正体

発達障害の認知度が高まった今なら、「天才といわれている過去の偉人は発達障害だった!?」なんて話題を一度くらいは聞いたことがあると思います。 常人離れしている人格や、何らかの功績や能力がある人に向けられることが多い話題で、現代社会に生きる著名…

久々に発達やからした

夏が終わったあたりからなんか頻尿気味で、げっぷが一日中止まらない症状に悩まされていたので、休日の今日、イオンの近くにある内科で診てもらうことにした。半年前に会社で受けた健康診断で、コレステロールと尿蛋白の異常で再検査と書いてあったのに病院…

発達障害の原因と治し方について語る「私は発達障害を治した」――中毒や依存と考えることで道は開ける

発達障害の症状は治せない、という認識が広く定着しているが、私はその定説を懐疑的に受け止めている。障害特徴としてよく挙げられるケアレスミスやコミュニケーション難について、私自身は改善できたと自負しているからだ。 社会性の低さや物事の習得困難と…

私が「発達障害や精神障害なんてない」という考え方をオススメしない理由

精神障害なんて、ない。 発達障害なんて、ない。 この界隈にいると時折そういう言葉を耳にする。障害の診断を受けている当事者自身がそう言っていることもあるし、当事者の家族や支援者側が言っていることもある。 その障害の何がないと言いたいのか、よくよ…

死にたいという気持ちが強い時こそ人に相談するな――自殺願望、希死念慮との向き合い方

「自殺願望」という言葉がある。借金苦や病気、人間関係など、解決できない問題から逃れる為に、死を望んでいる状態の時に言葉だ。そういう目的意識はなく、ただ漠然と死にたいと願う気持ちを「希死念慮」という。 私もこれまでの人生の中で幾度となく味わっ…

【後編】発達障害の発症原因について考える――後天性は深層意識に潜む中毒か

前編では発達障害の定義の設定から始め、先天性について考えをまとめました。ここから来た人はまず下記前編をお読みください。 後編では、後天性の発症原因について考えていきます 後天性について 原因について 意識のエラー 発達障害の診断基準との比較 親…

【前編】発達障害の発症原因について考える――後天性は深層意識に潜む中毒か

発達障害の発症原因について、自分の今の考えを記事にしてまとめようと思います。発達障害のことに詳しくない人でも内容が理解できるように書きます! 発達障害の定義の設定 症状の有無を基準とする理由 先天性について 脳の状態を基準にした場合 先天性説は…

1stシーズンのまとめ――発達障害あるあるの悩みを解消する記事

先日、これまでの集大成となる大型記事を掲載しました。それに伴い、これまでの記事を1stシーズン扱いとし、発達障害関係の記事をまとめようと思います。 まとめる対象は発達障害あるあるの悩みの解消に繋がる記事です。本記事を参考に記事を読んでいただけ…

バイキングの発達障害の話が炎上している件について思ったこと――怪しい田舎と化した発達界隈

先日、バイキングという番組で発達障害のことが伝えられたそうなのですが、その内容に問題があると、いまちょっとした炎上が起きています。 私はその番組を見ていないのですが、まとめサイトで大体の内容を知ることができました。 とりあえず、このまとめの…

【後編】無理解の尻尾をつかむーー「発展障害」に陥った日本を救う唯一の方法

※本記事は『無理解の尻尾をつかむーー「発展障害」に陥った日本を救う唯一の方法』の後編です。このページから開いた方は先に下記前編からお読みくださいm(_ _)m 前編では、発達障害が言葉の中毒による二次障害である仮説から話を始めました。その話を基に、…

【前編】無理解の尻尾をつかむーー「発展障害」に陥った日本を救う唯一の方法

今回は障害者の界隈でも使われることのある「無理解」という言葉と、この社会の生き辛さ、その解明に通じる記事を書きます。 障害界隈での「無理解」という言葉は、障害当事者の特徴やその事情について、理解する意識をもたないまま生きている人や、無自覚の…

制作日誌No.46:なんでもないことが素晴らしい

この間の日曜日、空のとびかたプロジェクトでダーツイベントを開催した。 集団行動が苦手だったりケアレスミスが絶えなかったりする発達障害の境遇からみて、個人戦プレイができて、体や指先の感覚と向き合うダーツは相性が良いと考えているので、どこかで絡…

「AさんとBさんが友達同士になってほしい!」――発達障害あるあるかも。ステルスマッチングしたことある?

こんにちは。よく記事が長いと言われる来未炳吾です。今回は人間関係の考え方に関する話をします。なるべく短く話します(笑) 何年か前に「ステルスマーケティング」、略して「ステマ」という言葉が流行りましたね。消費者に宣伝だと気づかれないように、宣伝…

社会の外側の外側から見えるもの――自分の目で自分の目をみる方法とは

朝の出勤中、電車の中でツイッターを見ていると、鬱病で死にたい、というツイートが目に止まった。その人のエピソードのことはなにも知らないが、私はその時、強烈な既視感を覚えてしまった。スロットがやめられなくて、何度も死にたいと思ったあの日々だ。 …

「発達障害×中毒」の話のまとめ

ここ最近の私は、発達障害×中毒という観点で発信をすることが多いのですが、だいぶ長く続いているので、今までの流れと、考え方のまとめをしようと思います。 本記事だけでも理解できるように書きますので、過去記事リンクはお時間のある方のみお読みくださ…

【発達障害アンケート】貴方の字は、綺麗ですか? 初感時に特徴を掴めない人々【198票】

この間、空のとびかたプロジェクトのアカウントの方で「字」の綺麗さに関するアンケートを行った。 ご参加してくださった皆様、ありがとうございました。 結果は御覧の通りです。 Q61.発達障害含め、不注意特徴を自覚されている方に質問です。貴方の字は、綺…

『絶歌』読書感想文:その5――神戸連続児童殺傷事件の元少年Aは発達障害なのか?

目次:読書感想文:絶歌 記事一覧 その5の掲載から五ヵ月も経っていた。前回も同じことを言った気もするが、このまま読み進めていこうと思う。 それぞれの儀式 29p~34p 本項では池に通っていた頃の記憶と、当時を振り返って考察した自分自身の精神分析が綴…