小説

第10話 ≪ 決別 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第9話 ≪ 距離感 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第10話 << 決別 >> 乗客たちは手分けしてブランケットを床に敷き始めた。壁沿いに一枚、一枚と黒い布が並べられる。自分もあそこで横になるのだろうか。そんな咲の不安を他所に、黙り込んでいた顕示はまた…

第9話 ≪ 距離感 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第8話 ≪ 消滅の定義 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第9話 << 距離感 >> 顕示と咲は、『竜瓜《りゅうその》サービスエリア』と大きく書かれた看板を目に留めつつ、前を歩く四人に続いて建物の中へ足を進めた。出入口が開放されているせいか、中も十分に…

第8話 ≪ 消滅の定義 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第7話 ≪ 安全性 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第8話 << 消滅の定義 >> 「名無しさんっていう人が、たくさん書き込んでいるんですか?」 「いや、それは……名前入力欄を空欄にして書き込めばそう表示されるんだ。だから、誰が書き込んでいるのかわからな…

第7話 ≪ 安全性 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第6話 ≪ 進展 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第7話 << 安全性 >> 桑部と向坂を除く他の乗客たちは、ここに来るまで半信半疑だったが、本当に人がいないことに戸惑いを隠せなかった。なにが起きたのか、ここにいたはずの人たちはどこへ行ってしまったか…

第6話 ≪ 進展 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第5話 ≪ 自己紹介 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第6話 << 進展 >> バス疲れと寒さ、そして面倒に巻き込まれたという状況が、乗客たちに苛立ちを募らせていた。 「やっぱ冷えますねぇ」 「さみぃー」 「……なにがあったんでしょうね」 「バス会社絶対訴…

第5話 ≪ 自己紹介 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第4話 ≪ 自己紹介 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第4話 << 自己紹介 >> 乗客のほとんどは頻りにカーテンを開けて外をみたり、携帯電話でどこかに電話をかけていた。寝ていた者も皆目を覚まし、他人同士の会話も始まった。 「そちらも、誰もでないんです…

第4話 ≪ 自己紹介 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第3話 ≪ 桑部と向坂 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第4話 << 自己紹介 >> プルルルルル プルルルルル――ガチャ 十回ほどコール音を鳴らしたところで、顕示は電話を切った。 今度は別の番号を押して電話をかけてみる。 ……プルルルル プルルルル………… やは…

第3話 ≪ 桑部と向坂 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第2話 ≪ 異変 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第3話 << 桑部と向坂 >> 「ここ……誰もいないんでしょうか……」 「……んな馬鹿なことあるかよ」 向坂《さきさか》の言葉に、桑部《くわべ》は否定を返したが、この状況には確かな疑いを持つことができた。 桑部…

第2話 ≪ 異変 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

前話 第1話 ≪ 出発 ≫ 夜行バスの人々(なろう版) 第2話 << 異変 >> 十二月十六日 午後一時三十三分 バスは静岡県にある『竜瓜《りゅうその》サービスエリア』に到着した。ほぼ予定通りの時刻だった。『竜瓜山』という山中に位置するこのサービスエリアは、…

第1話 ≪ 出発 ≫ 夜行バスの人々(なろう版)

第1話 << 出発 >> 新宿駅を正面に構えるAビルの玄関付近では、夜行バスの係員が忙しなく受付に勤しんでいた。足早に家路を急ぐ人々と車道を走る車の喧騒が行き交う中、乗客たちは寒さを堪えながらバスの到着を待っていた。 鮎山《あゆやま》顕示《けんじ》…

『夜行バスの人々』(なろう版)掲載します。

7年くらい前に『小説家になろう』(https://syosetu.com/)というサイトで連載していた「夜行バスの人々」という小説をブログに掲載することにしました。 現在Amazonで販売している「夜行バスの人々」の前身にあたる作品であり、私が初めてなろうにアップし…

【1月2日17時~】kindle本無料キャンペーン『アスペですが、なにか? 映画パンフレット』他4冊【kindle本無料】

せっかくのお正月なのでkindle本の無料キャンペーンを行います。 無料に切り替わる日時は、1月2日17時から1月4日17時の間です。 自著の無料キャンペーンはこれまでにも不定期で実施してきたのですが、今回は昨年YOUTUBE上にて公開した自主制作映画『アスペで…

手術記念に自著のkindle本の無料キャンペーンを実施します【遺作?】

来週、いよいよ尿膜管遺残症の手術日を迎えます。 人生初の手術を記念して、自著のkindle本の無料キャンペーンを実施します。 もし手術で死んだらこれが遺作になるのかな?(笑) 無料キャンペーン予定日時 ・5月28日(月)17時頃から5月30日(火)17時頃ま…

きのこたけのこ戦争 <1> プロローグ

※6年程前に小説の練習で書いた作品。原文ママノーチェック。スター10人からもらえたら次話投下します。 <1> プロローグ 深夜、突然に鳴り響いた役所の鐘の音に、『きのこ王国』城下町の人々は叩き起こされるように目を覚ました。 カーテンをあけて、外の様子…

<12> エピローグ / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <11> 決着 <12> 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <12> ブラインドの隙間から明かりが漏れていた。時計を見ると十一時になろうとしていた。また、昼近くまで眠ってしまったらしい。 顔を洗っても、まだ目が覚めた気がしなかった。研究所で…

<11> 決着 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <10> 真相 <11> 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <11> 生身の人間と覚醒したエーテル――勝負にもならないはずだった。 しかし、クルードはまるでゴムボールでもキャッチするかのような軽いタッチで、エーテルが渾身の力と怒りを込め…

<10> 真相 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <9> 本音 <10> 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <10> クルードの院長室までやってきたエーテルは、キャビネットの書類や引き出しの中をくまなく調査し、誘拐や襲撃事件に繋がる記録を探した。 明かりもつけられないので、視界はアイ…

<9> 本音 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <8> 手帳 <9> 本音 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <9> 本音 バーを後にしたエーテルは急くように自室へ戻った。そして、デスクの引き出しの奥底からスノゥの手帳を取り出し、あるページを確認した。「……やっぱり。ほら、みて」 そ…

<8> 手帳 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <7> 潜入 <8> 手帳 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <8> 手帳 100年ほど前――フォトンエネルギー技術を応用した家電製品が一般家庭に普及しだした頃から、突然、周囲の物が燃えたり、凍ったり、斬れたりといった怪現象が起こるように…

<7> 潜入 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <5> 調査 <7> 潜入 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <7> 潜入 「はい、みんなこっち向いて~」 ゴリラもとい、婦長がゴリラのような手をパンパンと叩くと、室内で遊んでいた二十人程の子供たちが一斉に顔を向けた。「こちらは新しい…

自著Kindle本紹介

夜行バスの人々 僕と彼女のカーニバル 死から始まる くじらくんといっしょ アスペですが、なにか? 映画パンフレット

<6> 調査 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <5> 過去 <6> 調査 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <6> 調査 ぼんやりと瞼が開いた。最初に見たものは白い空と、あれは天使の輪――いや、違った。ただの白い天井と円型の蛍光灯だった。 重たい体を持ち上げるように起こしたエーテル…

<5> 過去 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <4> 戦闘 <5> 過去 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <5> 過去 酒場のスイングドアがギィと軋む音を立てた。テンガロンハットに両肩マントの巨体が、その太い足を店内に踏み入れる。 静まり返った店内、一斉に向けられる挑発的な視線…

<4> 戦闘 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <3> 現場 <4> 戦闘 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <4> 戦闘 「うふふっ、踊ってくださいねえ!」 しなやかな両腕に抱きしめられていたライフルがその瞬間、野獣のような咆哮をあげた。 三点バーストで放たれる連弾をロール動作で…

<3> 現場 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <2> 依頼 <3> 現場 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <3> 現場 キャンプシップのテレプールを通り抜け、シップブランクに降り立った。 その場所は事件現場からそう遠くないところにあるビルの屋上だった。エーテルはひとまず、街全体…

<2> 依頼 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <1> プロローグ <2> 依頼 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <2> 依頼 ハイウェイを下って一般道路から住居区画に入った。このあたりのエリアは戸建てよりも住居ビルばかりが建っているようだった。生活レベルは下級から中級クラスが…

<1> プロローグ / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

<1> プロローグ 次話 作品PV 小説情報 絵師nukaさんの主な活動ページ <1> プロローグ 大勢の人々が行き交うの市街地エリアは、いつもと変わらぬ賑わいをみせている。 その繁華街からやや外れた、くたびれた裏通りに一軒のガンショップがあった。 「でね、こ…