発達障害考察ブログ HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

心理校閲×サイコライター

【第7話 最終話後編】俺、もうスロやめたよ(本当) 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

親の自己破産、一人暮らし、 ストーカー、発達障害の診察、放浪旅、ゲストハウス暮らし、貯金の為の帰郷――などのエピソードを経て、なんとか相方との同棲生活を始めることができたのだが、パチスロを断って借金をほぼ返済できたところで、今度は職場の同僚の…

【第7話 最終話前編】俺、もうスロやめたよ(本当) 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

親の自己破産、一人暮らし、 ストーカー、発達障害の診察、放浪旅、ゲストハウス暮らし――などのエピソードを経て、私は一年と半年の間、東京を離れて三重に帰郷した。相方と一緒に暮らす為の貯金作りが目的なのだが、貯金の為のお金を使い込んでしまう―― 【…

【第6話】二人の貯金に手を付けた 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

親の自己破産、一人暮らし、 ストーカー、発達障害の診察、放浪旅、ゲストハウス暮らし――などのエピソードを経て、私は一旦実家に帰ることになった。創作の相方であり恋仲でもある相手と一緒に暮らす為の生活資金作りである。帰郷してすぐ、返しきれなかった…

【褒めた?】一郎さんの気持ちについて、私的解釈【怒った?】

ちょっと前に、ツイッターでこのクイズに関する回答を集めてみました。 これは心の理論に関するクイズで、自閉症や発達障害の考え方を説明する際に用いられることがあります。私は10年程前に発達障害のことをネットで調べていた時に、どこかのサイトで知りま…

【第5話】止めれないよぉ…… 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

親の自己破産、一人暮らし、 ストーカー、発達障害の診察、放浪旅――などのエピソードを経て、私は都内でゲストハウス暮らしを始めた。そして、デバッガーの仕事に再挑戦した。そこで私は更なるスキルアップの為に、本腰を入れてパチンコを打つようになったの…

【17000RT/240000PV】BBS世代とSNS世代の違いから考察する言語認識の根本的違い――ネットに向かって喋る人たち

人の考え方というものは人の数だけあるものだ。同じ文化、同じ社会の中で生きていても、会話をすればどうしても相手と意見が合わないこともある。話し込んだ末に分かり合えることもあるが、互いの価値観を尊重し合い、どこかで折り合いをつけるのが常だろう…

【第4話】キャッシングに手を出した 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

親の自己破産、一人暮らし、 ストーカー、発達障害の診察、放浪旅――などのエピソードを経て、私は都内でゲストハウス暮らしを始めた。そして、デバッガーの仕事に再挑戦した。旅を通して心境面の成長があった為か、仕事は以前よりできるようになっていた。し…

【後編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い

【前編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い あぶり出し型脳特徴とは あぶり出し型脳の特徴は違った形で既に認知されてる あぶり出し型脳は発達障害だけじゃない あぶり出し型…

【前編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い

私は31歳の時に発達障害の診察を受け、アスペルガー障害の診断を受けました。でも、中学生の時から既に非定型特徴の自覚があり、長年、自身の特徴克服に向けて自助努力を重ねてきました。 今回はそんな私が新たに気がついた、定型と非定型の根本的違いに関す…

【第3話】パチンコとの再会 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

私は両親の自己破産を機に一人暮らしを始めた。その新しい生活の土地で選んだ仕事はデバッガー。発売前のゲームをチェックする仕事かと思いきや、業務のほとんどはパチンコやスロット筐体の動作チェックだった。どちらもやったことがない私はパチンコ攻略な…

【第2話】少しずつ膨らんだ射幸心 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

第1話の掲載からだいぶ日が経ってしまった。 これを書いている今、スロ界隈では「アナザーゴッドポセイドン」という糞台が話題である。最近は新基準台の話題をあまり聞かなかったのだが、この台の評判を聞いて、スロットはもうオワコンである事を改めて認識…

【第1話】きっかけはデバッグの仕事 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

最後にパチスロを打ったあの日から、もうすぐ一年が経つ。この一年はほとんど、スロを意識することもなかった。外で看板やのぼりをみても、「ふぅん、あのシリーズ新しいのでたんだぁ」と思うくらいで、打ちにいこうとは思わなかった。 もう、いいと思う。「…

【RT600/15000PV】怒られる事で生じる健全性に利用される「発達障害グレーゾーン」

発達障害と聞けば、真っ先に連想できる言葉の一つに「生き辛さ」があると思う。 当事者やその家族、理解者がよく使うし、メディアの情報媒体の上では記事のタイトルの一部に使われることもある。それくらいに強調力があり、実際、多くの当事者が抱えている課…

メンタルチェックと頭の休め方『頭から言葉を追い出せ』

自分はよくネット上の発達界隈のグループに出入りしている。その中でよく見かける話題が『不安と心労』に関する悩みだ。 人生に悩みはつきもの。なぜ彼らはその「当り前」と上手く付き合えないのか。それは頭や心の休め方を習得しないまま成長してしまったか…

相模原の事件で思ったこと―『なぜ弱者を狙うのか』

神奈川県相模原で、障害者施設の元職員が建物に侵入し、主な入居者である知的障害者たちを、次々と殺傷した事件が起きた。これを書いている時点でも既に19人の死亡が確定。死亡者数だけで見ても戦後最悪と言われている。地下鉄サリン事件でさえ13人だ。他に…

【700RT/50000PV】自分がストーカーになりかけた話をする『全ての思考の出口にAさんがいる状態』

女性アイドルがメッタ刺しになる事件が起きた。犯人は男性ファンの若者らしい。 この類の事件の話を聞くと、過去に私自身がストーカーになりかけたあの頃の日々を思い出す。 記事をいつも読んでくれている読者様向けに言うと、時系列としては『お家の自己破…

発達障害の当事者会について思うこと『生き辛さは解消できない』

私も以前とある発達障害グループに所属していました。そこは当事者だけではなく定型の人も含め、発達障害に関心のある人なら誰でも参加できるグループでした。※活動サイトには「団体」や「グループ」とは書いてあるが、「当事者会」とは書いていない。 いま…