発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

発達障害グレーゾーン

【2013年小説家になろう掲載】『若者や社会人が発達障害かな?と思ったら読むところ』本文と読者からの感想

パソコンの整理をしていたら2013年に『小説家になろう』に掲載した『若者や社会人が発達障害かな?と思ったら読むところ』と、読者からいただいた感想のバックアップデーターが出てきたので、資料的や役割としてブログで紹介しようと思います。 掲載当時のス…

( 」゚Д゚)」<「発達障害のグレーゾーンという言葉は新語ではないよ」

昨年12月に扶桑社から出版された姫野桂さん著「発達障害グレーゾーン (SPA!BOOKS新書)」が話題になり、同タイトルの「発達障害グレーゾーン」というワードがトレンド入りしそうな勢いで話題ですね。 私も31歳で診断を受けるまでグレーゾーンの立場…

グレーゾーンとクローズ就労の時に起きた職場でのトラブルの話

警備士になってから一年と少し経ちました。今までとは比較にならないほど平穏に仕事ができています。お給料も一番多いです(笑) 私は31歳になるまでグレーゾーンでした。障害の自覚はあったけど、診断がついていなかったので、その間は、普通の人として一般…

【RT600/15000PV】怒られる事で生じる健全性に利用される「発達障害グレーゾーン」

発達障害と聞けば、真っ先に連想できる言葉の一つに「生き辛さ」があると思う。 当事者やその家族、理解者がよく使うし、メディアの情報媒体の上では記事のタイトルの一部に使われることもある。それくらいに強調力があり、実際、多くの当事者が抱えている課…

発達障害グレーゾーンの境遇

この界隈でいう「グレーゾーン」という言葉の意味は、「発達障害かもしれないけどどっちかはっきりしてない人」という意味だ。診察で発達障害を否定されても本人がまだ納得していなければグレーゾーン状態にあるといえるし、本人が無自覚でも周囲がそう思え…