御アクセスありがとうございます

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

2019年5月3日 1,000,000PV達成

2013年_原付カブの旅

2013年原付カブの旅 あとがき(記:2017年)

前話 この作品をネット上に掲載するのは二度目である。一度目はこの原付カブをやった頃に利用していた『小説家になろう』という小説投稿サイトに掲載した。旅中に日記を書く時間がとれなかったので、帰ってすぐ記憶が新鮮な内にと一気に書き上げた記憶がある…

2013年原付カブの旅 最終話「帰り道 後半戦」

前話 六日目 箱根峠 道の駅 箱根峠 ラストスパート 六日目 5時半。予定通り起床。 薬のお陰か、ぐっすり眠とれた。目覚めもバッチシ。眠気も全く残っていない。 出発前に空の様子を撮影しようと振り返ったら、富士山がそこにあった。今回の旅での初富士であ…

2013年原付カブの旅 第七話「帰り道 前半戦」

前話 帰り道 前半戦 豊川市突入 道の駅掛川 女性の声が…… 夜の街 帰り道 前半戦 朝7時半に起床。6時半に鳴ったスマホのアラームをねぼけたまま止めたのは覚えている。眠すぎて起きられなかった。 正直まだまだ眠かったがもう出発しなければならない。静か…

2013年原付カブの旅 第六話「ゴール」

前話 ゴール1日目 帰省 太ももの状態 ゴール2日目 ゴール1日目 朝8時ちょい過ぎに起床。弟は仕事で9時過ぎには家を出る。一緒に出られるよう身支度を済ませておいた。 そして出発。弟には「頑張れよ、またな~」と言ってバイクを走らせた。 今日のルー…

2013年原付カブの旅 第五話「灼熱地獄×半袖短パン×原付カブ」

前話 14時~ 17時~ 14時~ 午後になり太陽が本気を出し始めた。これからが本番だったのだ。 あと3時間ちょっと、ただ走ればいいだけのはずだったのに、一度に進める距離はどんどん少なくなっていった。 息苦しいほどの暑さで、思考まで止まりそうだ…

2013年原付カブの旅 第四話「二日目 真っ赤な太陽」

前話 3時半~ 6時~ 11時~ 12時~ 3時半~ 眠れなかった。寝袋を敷いたり被ったりしていろんな体勢を試したけど、眠気はあるのに一睡もできなかった。一番辛いパターンだ。 午前3時半。俺は起き上がって、もそもそと支度をして店を出た。 このまま…

2013年原付カブの旅 第三話「海」

前話 光 光 街の明かりだった。 「やったぁ! 峠を越えたんだぁ!」 俺は叫んだ。 6年前の放浪旅をしていた時、初めて海をみた時の感動は今も覚えている。※記事 そして今回の旅で平塚市に入った時、海は見えなかった。それがとても残念だったんだけど、今回…

2013年原付カブの旅 第二話「漆黒の箱根峠」

前話 闇1 闇2 闇3 闇4 闇1 時刻は18時半。現時点でもうほんのり薄暗い。これからどんどん暗くなる。ここで止まっていられる余裕はないのに、俺はパンク修理の仕方を会得していなかった。 旅の中止か? いや、中止して帰るにしても、パンクは直さなく…

2013年原付カブの旅 第一話「タイヤパンク」

前話 出発 昼飯 出発 8月21日、朝8時半頃に起床。9時出発予定なので、僅かに残っていた眠気を振り切り、朝食や弁当、着替えなどの身支度を整えた。 しかし、だいたい予定通り出発できたのだが、ついでに寄った郵便局で私用を済ませた時に、財布の入った…

2013年原付カブの旅 「プロローグ」

非定型克服の放浪旅を終えてから6年――俺は生涯のパートナーと共に順風満帆な生活を送っていた。 細々とした生活だけど、自営で稼いで、好きな時に物書きができる。俺はそんな今の生活が気に入っている。 これから何があってもただひたむきに乗り越えていこ…