HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

制作日誌No.51:試写会、本編完成間近、スマホ映画


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ

↓↓↓CLICK HERE↓↓↓
【図解】発達障害攻略マニュアル――生き辛い境遇からの脱出
↑↑↑緊急告知↑↑↑

 映画の試写会はYOUTUBEの限定公開機能を用いて、ネット上だけで済ます予定だったが、やはり映画制作活動と言うからにはリアルでもやりたい。

 しかし場所の当てがなかった。豊島区の文化館にそういう場所もあった気がするが、やるなら堅苦しい雰囲気じゃなくてもっとワイワイした感じのところでやりたいなと思っていた。そんなことをつらつら考えていたところで発達バーさんというアカウントが目に留まった。

 発達障害含む生き辛い人達を呼び込んでいるバーだった。お店のサイトを見てみると壁掛けの大きいモニターがあったので、ここならできそうなんじゃないかと思って、リプライで挨拶をしてからこの間行ってきた。

 その時に店長さんともお話ができて、今は実現する方向で話し合いが始まった段階である。

 実現すれば恐らく三月末にこちらのお店で試写会ができるだろう。

 

 映画制作の方は出演者や協力者の方達に、映像の確認をしてもらう段階まで進めることができた。まだ少し手を加えるが、ほぼできたということだ。

 

  完成は目に見えたとして、問題は試写会での再生方法である。

 

 昨晩、映像データーの一部をUSBメモリに入れてPS3で再生しようとしたが、ダメだった。フリーツールを3つほど使ってPS3用動画にエンコードしたが、どれも認識されなかった。DVDRに書き込んだものもダメだった。

 なぜPS3用のプリセットでやっているのに認識されないのか、その理由はわからないが、ともかく駄目だった。

 で、考えた末にこれを買った。

Apple Lightning - Digital AVアダプタ HDMI変換ケーブル MD826AM/A

Apple Lightning - Digital AVアダプタ HDMI変換ケーブル MD826AM/A

 

 方法を特定するのが面倒になったのもあるが、スマホで制作し、スマホで鑑賞されることをジャンルとして考えて制作した「スマホ映画」と謡うくらいだから、最後まで「スマホで再生すること」にこだわってみようと思ったのだ。

 これならスマホで再生して、それをテレビに映すという関係性だから、上映も含めて「スマホで再生したこと」を守ることができる。

 これ、「試写会をやるルート」に入らなければ思わなかったことかもしれない。

 

 「スマホ映画」の基準については「スマホで撮影する、スマホのアプリで編集する、素材もなるべくスマホで用意する、スマホで観れればよい」くらいに考えていたが、全部終わった後で自分で基準を提唱するのも面白そうだな。レギュレーションっていうんだったかな、そういうの。