御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2015年12月31日
2019年5月3日 1,000,000PV達成

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。
↓↓↓ CLICK HERE ↓↓↓
↑↑↑ 発達障害考察本Amazonで販売中 ↑↑↑

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

字を書く時に「書く」感覚ではなくパントマイムの「置く」感覚で書いたら安定感がすごく増したという話

スポンサーリンク

重要なお知らせ

 

気づきの経緯

 私はいま仕事で警備士をしている。自宅ではなく本物の方だぞ。

 で、日々の報告書を作成する際に、自分の名前やら、現場の名称など、いつも決まった言葉を書く。

 同じ内容の文字を何度も書いているのに、いつも綺麗に書けなかった。それが、上の記事の気づきから綺麗に書けるようになったわけだが、安定感はもう一歩というところだった。年配の隊員の達筆な字に比べれば読みやすいし形も整っていると言えるだろうが、自分の字には安定感がない。

 昔に比べれば段違いに安定感も増したと言えるが、とめ・はねの意識を忘れるとやはり形が歪になる。意識するのを忘れなければいいのだが、なんていうか、これは「自然と綺麗に書ける頻度が前より増えた」と言えるだけだ。

 だから、まだ字を書くことに対する苦手意識は残っていた。

 ここからまた一歩、前進できないだろうか? その方法とは? 

 てなことを考えていた時に、あることに気がついた。

 

追記 2021/02/07

 本記事は考察本をKDPセレクトへ登録する為に、非公開とします。非公開中はブログ上でお読みいただくことはできませんが、上記Kindle本をKDPセレクト登録したことにより、読者さまはKindleUnlimitedサービスを利用して、無料でお読みいただくことができます。

 

KU化に関する詳細は下記の記事をご確認ください。