HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

第1報『有害活動対策情報発信部』始めます


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ

↓↓↓CLICK HERE↓↓↓
【図解】発達障害攻略マニュアル――生き辛い境遇からの脱出
↑↑↑緊急告知↑↑↑

 来年から『有害活動対策情報発信部』という活動を始めることにしました。

 

 発達障害精神障害などの生き辛い界隈に、不当要求や悪徳商法が蔓延しないよう、同行為に関する知識習得を促進させる為に、公安が発信している情報に基づく対策内容を発信する活動です。

 

 既に最初の活動拠点となる場所は設置しました。

 現時点では個人活動の規模ですので、「~部」とします。また、「有害活動防止~」にしようかとも考えたのですが、これは私の感覚で、「防止」よりも「対応」が必要な段階と考え、「対策」としました。

 

 来年から本番始動できるよう、今年一杯は準備期間として、少しずつ整えていきます。 

f:id:hyogokurumi:20181107125824j:plain

 今回は当活動に関する第一報として、この活動を始めることにした動機をお伝えします。

 

 私はリアルで警備員(自宅ではない方だよ)の職に就いているのですが、職業がら「不当要求」に関する知識の習得が求められます。今年も会社を通じて、不当要求防止に関する講習会に出席しました。

 

 「不当要求」とは、暴力行為その他社会常識を逸脱した手段により要求の実現を図る行為です。大体の人は、暴力団が行う因縁などの行為を連想したかと思います。が、暴力団であるかどうかは関係ありません。一般人でも非常識で滅茶苦茶な理屈で何かを要求すればそれは不当要求です。

 

 私は「不当要求」に関する理解を深める内に、これは単なる「暴力団の手口」の話だけではなく、悪徳商法や洗脳など、広い範囲で使える対策知識であると考えるようになりました。

 

 不当要求の対策知識を習得することは、暴力団の脅しに対する抵抗力だけではなく、そもそも社会通念上問題のある存在から、自身の財産を守る上での知恵が身につくということです。

 

 そこで真っ先に思い当たったのが、私自身が長年関わってきた生き辛い界隈の現状です。

 

 私は以前より、この界隈の中で見え隠れする悪徳商法の影が気になっていました。

 

 社会人経験の乏しい無知な当事者たちの純粋な心を、私利私欲の為に利用している輩がいるのです。

 例えば、暴力団NPOを隠れ蓑にしているなどのニュースを聞いたことがある人もいるかと思います。その事実は講習の中でも伝えられました。

 またそれ以上に私が気にしている現状が、不当行為や悪徳商法が連想できる行為をしていながら、その活動家に自覚がないというケースです。

 これまでにも、不透明な集金活動に多額の支援金が集まってしまったり、悪質な行為や論法を繰り返しながら、専門家の肩書きやプロ活動を自称する発達障害当事者も現れました。その中には、暴力団対策法で禁止されている行為も見受けられます。

 

 

 この現状は、生き辛い界隈では水面下で、不当行為や悪徳商法の手口が「一般的な方法」として蔓延してしまっており、同界隈が危機的状況に陥っていることを示唆していると私は睨んでいます。

 

 私は障害者雇用で騙されたりNPOで騙されたり某医療ジャーナリストに騙されたりといった自分の経験値を糧にして、一度は一人で向き合おうとしました。ある活動ではメンバーの多数が「詐欺のようだ」と考えて退会しました。その活動の代表者は、実は元暴力団員でした。

 

 一時は、こんな界隈もう無くなってしまえばいい、とさえ思っていました。

 

 それでも、私はこの界隈が健全のまま続いていくことを願っていますし、そもそもこの問題の根にあるのは、不当要求や悪徳商法に関する同界隈の知識不足にあると考え、その対策知識を広める活動をすることにしました。

 

 生き辛い界隈の人たちはその境遇の都合上、社会人経験が乏しい人が多く、悪質な意思を持つ者から狙われやすい存在です。

 またその無知故に、自分が同じことをしてしまう、あるいは、知らずに加担してしまう不安を抱えています。

 

 でも、不当要求や悪徳商法に関する対策知識を有していれば、悪質な意思を持つ存在から狙われにくくなりますし、同様の行為であると知らずに自分が同じことをしてしまう前に気が付くこともできます。

 

 つまり、一人一人が学ぶということ。そして、一人一人が学んでいることがわかるということ。それが「防止」や「対策」という部分で、大きな意味を持つのです。

 

 では現時点で言える範囲で、ちょっとだけ具体的な話をします。

 

 まず当活動では、不当要求や悪質商法など、要対策の対象となる存在を「有害活動」と呼称しました。

 その定義は今のところ、このような内容で考えています。

  • 暴力団及び暴力団関係者が関与している活動
  • 不当要求を伴う、または連想できる手口や論法を用いている活動
  • 社会通念上問題のある商売方法をしている活動

 

 で、これも仮のものですが、基本理念としてはこのような内容を考えています。こういうのは3つにまとめるのがよくある形なので3つ考えました。

  • 有害活動の応援をしない
  • 有害活動を自分がしない
  • 有害活動と関りを持たない

 

 あと活動ポリシーとして、当活動は、個人・団体の名称を指して有害活動であると指摘しないことを最初に約束します。(但し、公安が発信した情報や、ニュースになったものは別とします。注意喚起等の目的で発信することが考えられる為です)

 

 いずれも、叩き台としてご認識ください。これらの内容は今後、色んな人からの意見も募って考えていきたいと思います。将来的にはメンバー募集をする可能性も無きにしも非ずです。

 

 第一報はここまでとします。

 

 当活動から発信する内容は、全て公安からの情報に基づくものですので、安心して参考にしてください。

 私が心がスッキリするまで、本気でやりますので、皆さま応援のほど、よろしくお願いします!

 

 ツイートは始めていきますので、ぜひフォローをぜひお願いします!