発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

はじめに:『夜行バスの人々』(Kindle版)掲載します。

スポンサーリンク

 本作は2012年頃に『小説家になろう』(https://syosetu.com/)にて連載していた下記「夜行バスの人々」という小説を再制作(リメイク)した作品です。AmazonのKindleでも販売していますが、出版から長期経過していることを考慮し、ブログ上で掲載することにします。

 

※当時のなろうアカウントは現存しない為、上記は当ブログ上に再掲載したものです。

 

 本作を最初に執筆した2012年なろう版は、構想の段階では「定型発達vs発達障害者」という構図のストーリーだったのですが、当時私自身が発達障害グレーゾーンの立場だったことや、小説を書くことにまだ不慣れで手探りだったこともあり、主人公を発達障害者にするという本来のストーリー構想のまま書くことができませんでした。(詳細はこちら➡あとがき 夜行バスの人々(なろう版)

 

 それから旧作から2年後の2014年、私は何作かの小説に挑戦して経験と実力をつけ、夜行バスの再制作に挑戦しました。

 それが今回掲載する夜行バスの人々(Kindle版)です。

 再制作に着手できた頃には、旧作時以上の構想でストーリーを考えることができ、今の自分からみても、作品の出来にはとても満足しています。

 

 私は本作を最後に小説を書くことを止めました。そこらへんの心境はあとがきにでも綴路うと思います。

 ぜひ最終話までお楽しみください。ちなみに今回は誤字脱字チェックはせずコピペです。

  

f:id:hyogokurumi:20190514115936p:plain

本編を読む