御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2015年12月31日
2019年5月3日 1,000,000PV達成

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。
↓↓↓ CLICK HERE ↓↓↓
↑↑↑ 発達障害考察本Amazonで販売中 ↑↑↑

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

心理校閲の備忘録#1「アスペルガーが1つの発明をしている間に、ADHDは10の仕事を作る」

 心理校閲とか発達障害に関する気づきの中でも、以前まで細か~い話はTwitterの方に排出していたんですが、二か月ほど前にSNSでの書き込みをやめたので、ネットに出していないメモがちと溜まってきました。

 メモといっても仕事の合間にタイトル部分だけを書いたものばかりで、なんの話だったかを忘れそうになっているものも多いので、記憶の整理も兼ねてブログの方に残しておきます。

 

 

アスペルガーが1つの発明をしている間に、ADHDは100の仕事を作る

 だからADHDタイプの経営者や上司って多いんだよな、と。

 

ADHDの汚部屋はまず家具の大きさが違う

 うちの実家がそうでしたね。

 

教育ではなく吹き込み

 なんの話で思いついたメモなのか忘れた/(^o^)\

 

誹謗中傷は取り締まってのファンの過剰応援は取り締まらない

 発達障害界隈に限ったことじゃないですが、誹謗中傷を取り締まるのはまだわかるとして、一部の一線超えた熱狂的ファンの過剰応援は取り締まらないって公平じゃないと思うんですよね。

 

いかにして問題を加工するか

 これは生きづらい人全般に求められること。「悩みを悩み事」としてではなく「考え事」に属性を変えて、すぐに解決できないことは「保留」にして向き合わないようにする加工力。重要。

 

嫌な気持ちの解消方法を知らない

 発達障害の人にも多いよね

 

未来を見ることは足を止めることか

 何の話か忘れた/(^o^)\

 

単語数の少なさが聞き間違いを起こす

 この間、配属先の現場の詰め所で、いつも警備が使ってるデスクに初めて見る職人さんがいたから、警備が使ってるデスクだから席を変わってほしいという話をした。そしたら職人さんから「何人?」って聞かれてたんだけど、「なに?」って聞こえちゃった。だからもう一度言い直したら、また「いや、何人?」って言われて、私にはまた「なに?」って聞こえたんだけど、その二回目の「何人?」でようやく警備の人数を聞いてることが理解できて、話が噛み合ったの。これさ、「今日は警備何人ですか?」って言ってくれてば、「何人」の部分が「なに」に聞こえていても、その言葉の前後から「人数を聞いてる」って認識できるんです。単語数の多さ、大事。

 

自殺する前から死んでいる

 自殺する人は、ね

 

人数の多さで健全性や正当性を誇示するのは詐欺の手口

 選挙とかね

 

念じるだけで操作できる技術=「念じ」を利用した犯罪捜査ができる?

 犯人以外には念じれないはずの何かを作るとか。

 

依存症は自己責任と社会責任がある

 アルコール依存症への反応見てて思たんだけど、依存症を自己責任と考えている人が多すぎる。あらゆる依存症はまず社会責任から考える必要あるよ。

 

Twitter利用者のカルト化

 もう教祖と信者しか息できないね。この気配が消えない限り戻ることはない。Twitterはもう「普通の人が使うツール」ではないよ。

 

 

 

 よし書いた。あぁ、やっと古いのが消せる。

 自分の記事はいつも長文で重いので、たまにこういうサクッと読める記事があってもいいかな。

 また溜まったら排出します。

 

 ちなみにメモは紙媒体のメモ帳か、「ToDoリスト」というiPhoneアプリを使っています。シンプル機能で気に入ってます。