御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2015年12月31日
2019年5月3日 1,000,000PV達成

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。
↓↓↓ CLICK HERE ↓↓↓
↑↑↑ 発達障害考察本Amazonで販売中 ↑↑↑

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

近況の話:池袋で妻と『BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR』やってきた(感想・攻略)

スポンサーリンク

重要なお知らせ

 2日連続の近況の話。今日は池袋で妻と『BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR』をやってきた。本当は年末の仕事納めの後に行くつもりだったんだけど、コロナのことや予定の詰まり方をみて早めに消化することになった。

 今回はプレイの感想と攻略について。

 

 

感想

 面白かった。まずそこを強調したい。2800円/1人の価値は十分にあった。クリアはできなかったけど、これは自分(と妻)が攻略のヒントに気づけなかったせいなので、納得のゲームオーバーだった。

 予約時間10分前に受付へ行き、支払いをしてから店の奥で待機。スタッフに呼ばれてからプレイルームに入って、解説映像を見たあとにVRセットを装着。そんでプレイ開始、という流れ。

 プレイヤーはベイカー家に囚われた一般人の一人となり、迫りくるモールデッドを倒しながら屋敷の地下室?から脱出する、という内容。ゲームの進行はナビゲート役のCPUキャラの後についていく形で進み、道中に現れるモールデッドを倒しつつ、最後はボス戦でジャックと戦う、という流れ。

 ゲームの映像はVRゴーグルを通して見るのだが、画質は家用のPS4VRよりちょっと粗い気がした。気のせいかもしれないが、いずれにせよ遊んでいる内は気にならないレベル。あの世界を自分の足で歩いて探索できるのは素直に感激した。

 プレイルームがただの長方形の部屋であるのに対し、ゲーム内では自分のいる場所が通路だったり部屋だったりするわけだが、恐らく探索範囲と部屋の広さがほぼ同じになっていて、普通に遊んでいれば、壁があって前に進めない的な状況にはならないようになっていると思われる。実際、プレイルームの壁際に来てしまった時は、ゲーム内でも壁だったりその先に進む必要がないシチュエーションだった。ちなみに壁の近くに来てしまったり他のプレイヤーがすぐ傍にいる時は、接触・衝突防止のアイコンが映像上に表示されるが、襲われてる最中に気にしてる余裕はないと思う。

 プレイ中は走るの禁止だが、脳が「襲われている」と本気で認識するのでつい走って逃げたくなってしまう。

 

 そんなわけで最初から最後まで、終わったあともしばらく興奮状態が続くほど楽しめたわけだが、不満点がないわけじゃない。文字色を白にするので読みたい人はドラッグ(スマホの人は範囲選択→コピー)してね。

 

(ここから)

 まず、拾える弾が少なすぎるということ。数発しか入手できず、数秒で撃ち尽くしてしまう。ラグのせいか無敵時間のせいか定かではないが、絶対当てたのに当たったグラフィックが表示されない時があり、ゲーム中はこのもやもやが拭えなかった。

 弾は拾って入手するが、ゲームの進行状況に合わせて出現するので、無い時はどれだけ探してもみつからない。

 弾を回収した後もナビゲートキャラが弾がここにあるぞと言い続けたことがあり、これには大変混乱した。

 他プレイヤーとコミュニケーションをしながら進めること前提だが、ヘッドフォンをするので互いの声が聞きとりにくい。ていうか聞こえない。

 接触・衝突防止のアイコンは表示されるがそれでも普通にぶつかってしまう。通路や部屋は狭いからどうしても同じ場所に寄ってしまうからだ。私は妻との2人プレイだったけど、銃を持つ手や腕が何度もぶつかってしまった。これ4人プレイだとぶつかるの必死だと思う。

(ここまで)

 

 とまぁ、こんな感じでゲームの都合に振り回されはしたけど、これが気にならなくなるくらいに面白かった。いつかもう一度挑戦したいと思う。

 

 あと、一度しか遊んでないけど攻略に関しても触れておこうと思う。どうしても初プレイでクリアしたい人は読むべし。ネタバレじゃないけど一応これも白文字にするので読みたい人はドラッグ(範囲選択)するべし。

 

(ここから)

 ラグのせいかもしれないが、恐らくモールデッドは出現直後は無敵状態なので、攻撃はモールデッドが行動し始めてからが良いと思う。焦らず、ちょっと待つ感じ。

 ヘッドショット(クリティカル)はあるっぽいけど、これもラグのせいか頭部は外す率高いので、「胸から上」を狙うくらいが無難だと思う。

 モールデッドを倒せない内に弾がなくなっても焦らず回避に専念すること。動きはのろいので落ち着いて距離を取ればいいだけ。そのうちナビゲートキャラが弾の場所を教えてくれるはず。

 クリアしたいならちゃんと〝ゲーム内のヒント〟に従うこと。(最大のヒント)

(ここまで)

 

 

 以上っ。いろいろ書いたけど違ってたらごめんちゃい。

 今回はこんな感じで。