御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2015年12月31日
2019年5月3日 1,000,000PV達成

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。
↓↓↓ CLICK HERE ↓↓↓
↑↑↑ 発達障害考察本Amazonで販売中 ↑↑↑

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

近況の話:2020年もお疲れさま・・・まさかの臨時支出

スポンサーリンク

重要なお知らせ

 今年最後の記事です。たぶん。

 2020年もお疲れ様でした。12月に入ってから日を分けて行っていた大掃除も今日ようやく終わり、いまハイボール缶をお供に記事を書いています。

 

 今年は世界中がコロナの影響でパニックに陥ったわけですが、警備も影響をもろに受けた業界の一つです。元々オリンピックの年は、お上のお達しで会場周辺の工事が自粛となる為、私が主な職場としている2号警備の工事現場に対する警備の需要が減ることに伴い、何割かの警備員は施設を主な現場とする1号警備へ、一時的・または永続的に移籍する流れがありました。

 私もオリンピック期間中のみ1号警備をやる方向で考えていた一人です。しかし、コロナの影響でオリンピックが中止になることに伴い、1号も2号も現場がなくなるという事態に陥りました。オリンピックが中止になるからといって工事の現場が増えるわけではありませんから。

 それでもなんだかんだで2号現場に出続けたのですが、仕事がない日が続き、極端に収入が落ち込んだ月がありました。4月と7月と8月は平均の半分です。今年は単純計算で40万も収入が少ないのです。月平均20万の手取りでやりくりしている生活レベルなので大打撃です。妻の収入と給付金にはほんと助けられました。

 9月以降は常駐現場に入れてもらえたのでなんとか持ち直すことができました。来年どうなるかわかりませんけどね。

 ちなみに、仕事がなかった期間を利用して「尿膜管遺残症」の闘病記のKindle本を制作しましたが、こちらはさっぱり売れてません(笑)

 

 そんなこんなで迎えた12月。週末の休みを利用して大掃除を日を分けて行い、今日ようやくそれも落ち着きました。昨年の4月に出版した「発達障害考察本1」のレビュー数が、今年の目標だった10個になり、現在制作している3冊目の考察本も順調です。

 

 こんな流れで、のほほん気分で年末年始を迎えたかったんですけどね。

 

 まさか大掃除の最中に、家のスペアキーを紛失することになろうとは! しかも一丁前にディンプルキー! 玄関ドアは鍵穴2つ式! 鍵交換費用は倍だよ? 大家に聞いたら4万弱だってよ!

 

 鍵は入居時に5本受領しまして。普段用に私と妻で一本ずつ手に取り、残り3本は、しばらくの間は家庭用の手提げ金庫の中で保管していました。

 今年の半ば、金庫から1本取り出しました。夜ジョギングする時に普段用の鍵を財布から取り出すのが面倒だったので、使ってなかった小銭入れにスペアキーを1本入れて、ジョギングに行く時はそれを持っていくようにしました。

 残り2本は金庫の中。ですが夏の終わり頃、10年前に買った金庫をいい加減新調しよう思い、金庫から貴重品類を出して、金庫を処分しました。その後、貴重品含め家のスペアキーは金庫を入れていた引き出しの中で管理していました。

 

 そして、今年の大掃除が終わりかけた昨日の夜。鍵の入った小銭入れから鍵を取り出して、スペアキーのところに戻すことにしました。冬場は寒すぎて走ってないからです。

 その時に心の中で「あっ・・・・・・」と思いました。

 ここ数ヵ月、鍵をみていないのです。

 金庫から取り出したあとの記憶がごっそりありません。

 大掃除中にも見ていません。

 

 というか、金庫の中に入っていたもの全てありません。

 書類にサインする為に印鑑を入れていた筆箱もありません。

 

 考えられるのは、大掃除中に誤って捨てないように一ヵ所に集めた貴重品コーナーが、なんらかの事故でまとめてゴミ袋に入ってしまったのだと思います。

 

 間違えて捨てちゃうとしてさぁ、なしてよりによってこれかなぁ・・・。

 捨てちゃったとしても困らないもの、他に一杯あるのにさぁ・・・。

 

 今日の午後、駄目元で加入している火災保険に保証でなんとかならないか問い合わせてみました。一応、鍵紛失でも保証するって書いてあったから。出先で落として家の中に入れない時とかそういうケースが例だったけど。

 回答は明日とのこと。特別な進展があれば追記します。

 

 来年は明るい内容で締めくくりたいです・・・。

 4万なんて一生もんのトラウマになりそうです・・・。