発達障害考察ブログ HyogoKurumi.Scribble

言葉は嘘をつきません

【まとめ】来未炳吾(著)Kindle本紹介&解説

スポンサーリンク

 本ページは来未炳吾(筆名)を著者とするKindle本の紹介&解説ページです。

 

f:id:hyogokurumi:20190303221737p:plain

夜行バスの人々

f:id:hyogokurumi:20190303220155j:plain

  • Amazon夜行バスの人々
  • 著者:来未炳吾
  • ジャンル:小説
  • 出版日:2014年4月27日
  • 内容紹介:新宿から名古屋に向かう夜行バスに乗った乗客たちは、途中のサービスエリアで不可解な状況に遭遇する。戻らない運転手にバスを降りた乗客たち、無人のサービスエリア……一体、なにが起きたんだ?発達障害者である難波恵一は、「人は消えた」と考え、心に病を持つ静原さくらと行動を共する。発達障害、引きこもり、自殺願望……そして、普通の人々。彼らが織り成すミステリーヒューマンドラマ!
  • その他:2012年に『小説家になろう』上に掲載していた「夜行バスの人々」が元になった作品です。現在は「夜行バスの人々(なろう版)」と本作「夜行バスの人々(Kindle版)」、両作共にブログで無料でお読みいただけます。➡読む:夜行バスの人々(なろう版)夜行バスの人々(Kindle版)

 

僕と彼女のカーニバル

f:id:hyogokurumi:20190303220327j:plain

  • Amazon僕と彼女のカーニバル
  • 著者:来未炳吾
  • ジャンル:小説
  • 出版日:2014年8月14日(※19年4月3日 販売終了)
  • 内容紹介:夏休みを目前に控えたある日のことだった。学校の屋上で、クラスメイトの神楽が、生きたままカラスを食べていた。その場面を目撃した主人公の〝僕〟に神楽は言った。「誰かに喋ったら、貴方を食べるわ」。〝僕〟は秘密を守るかわりに、自分と付き合えと言った。そうして〝僕〟と彼女は付き合うことになったのだが、その日から無色透明だった日常が一変した――
  • その他:本作は2012年に『小説家になろう』上に掲載していた「僕と彼女のカーニバル」と同じ内容です。現在は加筆修正版(プロローグ~犬を捕まえてきて迄)をブログ上に掲載しています。➡読む:僕と彼女のカーニバル(加筆修正版)

 

死から始まる

f:id:hyogokurumi:20190303220627j:plain

  • Amazon死から始まる
  • 著者:来未炳吾
  • ジャンル:小説
  • 出版日:2017年4月20日
  • 内容紹介:死から始まる物語です。一話完結ショートショート。スマートフォン片手にさくっと読める程度の短いお話。死にたくなったら読んでください。

 

アスペですが、なにか? 映画パンフレット

f:id:hyogokurumi:20190303220906j:plain

 

くじらくんといっしょ

f:id:hyogokurumi:20190303221051j:plain

  • Amazonくじらくんといっしょ
  • 著者:六花(漫画) 来未炳吾(原案)
  • ジャンル:漫画
  • 出版日:2018年11月28日
  • 内容紹介:本作は発達障害を題材にした映画制作活動『空のとびかたプロジェクト』のサイト内で連載していた4コマ漫画『くじらくんといっしょ』です。映画公開と活動終了に伴い、一部の話をリメイクしてkindleコミックとして記念出版しました。話数は1話~10話です。くじらくんのほんわかした世界をお楽しみください。 

 

発達障害考察本 31歳までグレーゾーンだった私がやってきた改善法

f:id:hyogokurumi:20190314004930j:plain

  • Amazon発達障害考察本 31歳までグレーゾーンだった私がやってきた改善法
  • 著者:来未炳吾
  • ジャンル:発達障害考察、改善
  • 出版日:2019年4月1日
  • 内容紹介:発達障害の話題でよく挙げられる「ケアレスミス・コミュ障・習得困難」といった症状を抱えていると、標準的な社会人生活を維持することが難しくなります。本書はそんな症状を『日常生活の中で治したい』『トレーニングで改善する方法を試したい』等と思っている人が、最初の一冊目に読む定番本になることを目指して制作しました。当事者の方だけではなく、「仕事のケアレスミスに悩んでいるスタッフがいる」「友達がコミュ障で周囲から嫌われている」など、当事者の身近にいる方もぜひお読みください。