御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2015年12月31日
2019年5月3日 1,000,000PV達成

当ブログの発達障害に関する記述は当事者の体験に基づく考察です。ご了承の上でお読みください。
↓↓↓ CLICK HERE ↓↓↓
↑↑↑ 発達障害考察本Amazonで販売中 ↑↑↑

発達障害考察ブログ HYOGOKURUMI.Scribble

言葉は嘘をつきません

【第1話】きっかけはデバッグの仕事 毎日12時間パチスロを打っていた依存状態の私がスロを止められるまでの話

スポンサーリンク

新刊のお知らせ 予約受付中

 最後にパチスロを打ったあの日から、もうすぐ一年が経つ。この一年はほとんど、スロを意識することもなかった。外で看板やのぼりをみても、「ふぅん、あのシリーズ新しいのでたんだぁ」と思うくらいで、打ちにいこうとは思わなかった。

 

 もう、いいと思う。「スロット止めた」って、言っていいと思うんだ。

 

 私は25歳の時から今日まで、ずっとこの「パチスロ脳」に悩まされながら生きてきた。もう行かないという約束を破って打ちに行ってしまったことや、使ってはいけないお金に手を付けてしまったことで、何度も嫁に泣きついた。

 いま巷では「IR推進法案」(通称:カジノ法案)が話題である。日本のリゾート要素の発展を担うもので、2020年のオリンピックに向けて進められているらしい。

 この法案について私は詳しくは知らないんだけど、どうしても、ギャンブル中毒問題がちらついてしまう。特にいま、ギャンブル中毒に悩み苦しんでいる人には心理的にも負担だと思う。昨年、この事をニュースで知った時もすごく嫌な感じがした。私はもうその時、ほぼギャンブルを意識しなくなっていたが、それまでの事を思うと不安でしかなかった。同じような心境でカジノ法案を気にしている人は多いと思う。

 私は、日本人はギャンブルとうまく付き合えないと思っている。

 今回の記事では過去を振り返りながら、私がスロット中毒に堕ちてしまったエピソードを語ろうと思う。

 

f:id:hyogokurumi:20170117135951p:plain

 

追記 2021/01/11

 本記事は考察本1及び考察本2をKDPセレクトへ登録する為に、非公開とします。非公開中はブログ上でお読みいただくことはできませんが、上記Kindle本をKDPセレクト登録したことにより、読者さまはKindleUnlimitedサービスを利用して、無料でお読みいただくことができます。

 

KU化に関する詳細は下記の記事をご確認ください。