読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HyogoKurumi.Scribble

私はこの社会が省略した事柄を言語化している人です。

【大募集】空のとびかたプロジェクトよりお知らせ【いろいろ】

最近フォロワーや読者がぶわっと増えたので、この活動の説明から始めます。 私は昨年から「空のとびかたプロジェクト」という改正障害者雇用促進法と発達障害にスポットを当てた自主制作映画化活動をしています! 【プロジェクト制作日誌】もつけています。 …

【褒めた?】一郎さんの気持ちについて、私的解釈【怒った?】

ちょっと前に、ツイッターでこのクイズに関する回答を集めてみました。 これは心の理論に関するクイズで、自閉症や発達障害の考え方を説明する際に用いられることがあります。私は10年程前に発達障害のことをネットで調べていた時に、どこかのサイトで知りま…

【後編】24歳の時に大学病院へ発達障害の診察を受けに行った時の話をしようじゃないか

前 【前編】24歳の時に大学病院へ発達障害の診察を受けに行った時の話をしようじゃないか - HyogoKurumi.Scribble また若い医師 予約を取ってから数ヵ月後(たしか三ヵ月程)に、私は無事知能テストの日を迎えることができた。 実は最初の予約だけを取った診…

<5> 過去 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <4> 戦闘 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説 - HyogoKurumi.Scribble <5> 過去 酒場のスイングドアがギィと軋む音を立てた。テンガロンハットに両肩マントの巨体が、その太い足を店内に踏み入れる。 静まり返った店内、一斉に向け…

【第5話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話

【第4話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話 - HyogoKurumi.Scribble これまでのあらすじ 親の自己破産、一人暮らし、 ストーカー、発達障害の診察、放浪旅――などのエピソードを経て、私は都内でゲストハウス暮らしを始…

【前編】24歳の時に大学病院へ発達障害の診察を受けに行った時の話をしようじゃないか

今から10年ほど前の話だ。その頃の私は、生まれ育った町の隣、A県で一人暮らしをしていた。自営で飲食店を営んでいた両親が自己破産をして、それを機に始まった一人暮らしだった。 歳は24歳。仕事は夜勤で、請負のデバッガーをしていた。デバッガーとは発売…

<4> 戦闘 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <3> 現場 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説 - HyogoKurumi.Scribble <4> 戦闘 「うふふっ、踊ってくださいねえ!」 しなやかな両腕に抱きしめられていたライフルがその瞬間、野獣のような咆哮をあげた。 三点バーストで放たれる連…

<3> 現場 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <2> 依頼 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説 - HyogoKurumi.Scribble <3> 現場 キャンプシップのテレプールを通り抜け、シップブランクに降り立った。 その場所は事件現場からそう遠くないところにあるビルの屋上だった。エーテル…

無事ファンレターを届けました~!

「空のとびかたプロジェクト」の自主制作映画の企画で、昨日(5/13)に旅パートの収録を行い、無事終了しました! 旅は今年2月に実施したクラウドファンディングでお伝えした内容を限りなく縮小し、最小構成で決行した感じです。埼玉県スタートが、三重県桑名…

制作日誌No.41:旅パート撮影無事終了!

収録した映像データのバックアップ完了。これで無事、旅パートの収録が終わった! 一日雨だったことを除けば撮りたかった映像はとれた。あとは日常の合間に編集しつつ、インタビュー映像も別撮りしてそれを合体。インタビュー出演者募集の再告知もしなきゃな…

自己紹介します(2017)

来未炳吾と申します。この名前は活動名で、本名は別にありますm(_ _)m 読み方は「くるみひょうご」です。友人たちの名前から一つずつとってつくりました。 ここ数日で一気に100人以上フォロワーが増えましたので、自己紹介の記事を書いてみようと思います。 …

制作日誌No.40:旅パート収録日決定

自主制作映画の内容は旅パートとインタビューパートに分かれている。その旅パートの収録日がやっと決まった。 いろいろあってここまで伸びてしまったが、ようやく一番重たい部分に着手できる。 来週の11日金曜夜に夜行バスに乗り、翌日土曜日一日かけて収録…

<2> 依頼 / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

前話 <1> プロローグ / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説 - HyogoKurumi.Scribble <2> 依頼 ハイウェイを下って一般道路から住居区画に入った。このあたりのエリアは戸建てよりも住居ビルばかりが建っているようだった。生活レベルは下級…

5月6日(土)NEET株式会社の持ち寄り飲み会になんとなく行ってきた

なんとなくFacebookを見ていたら、前からなんとなく気になっていたNEET株式会社主催のイベントがあったので、なんとなく妻と行ってきましたw ニコニコ超会議の話や動画撮影の機材の話、マイクラフトの話や猫の話など、特にこれといったテーマを決めず、参加…

初の障害者雇用求人の求職活動で内容証明まで出した話のまとめ

昨年、私は33歳にして初めての障害者雇用枠での求職活動に挑んだが、失敗に終わってしまった。 その原因は私の無知にあったのか、それとも会社側にあったのか、未だはっきりとした答えは出せないままだが、奮闘の甲斐あって、今は元気になんとかかろうじて日…

<1> プロローグ / LOST MEMORY -PHANTASY STAR ONLINE 2- 二次創作小説

<1> プロローグ 大勢の人々が行き交うの市街地エリアは、いつもと変わらぬ賑わいをみせている。 その繁華街からやや外れた、くたびれた裏通りに一軒のガンショップがあった。 「でね、この間の仕事の時から、発砲音に違和感があるのよ」 エーテル・アークラ…

【緊急告知】新刊kindle著『死から始まる』5/3~5/5無料!

先日出版した新刊kindle著『死から始まる』ですが、一冊も売れていないのでゴールデンウィーク期間に合わせて無料キャンペーンを行います。 この機会にぜひダウンロードしてください! 無料への切り替えは5/3の17時からです。 死から始まる 作者: 来未炳吾 …

BBS世代とSNS世代の違いから考察する言語認識の根本的違い――ネットに向かって喋る人たち

人の考え方というものは人の数だけあるものだ。同じ文化、同じ社会の中で生きていても、会話をすればどうしても相手と意見が合わないこともある。話し込んだ末に分かり合えることもあるが、互いの価値観を尊重し合い、どこかで折り合いをつけるのが常だろう…

【第4話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話

【第3話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話 - HyogoKurumi.Scribble これまでのあらすじ 親の自己破産、一人暮らし、 ストーカー、発達障害の診察、放浪旅――などのエピソードを経て、私は都内でゲストハウス暮らしを始…

【4/22~4/23】新刊出版記念kindle本無料キャンペーン!「夜行バスの人々」「僕と彼女のカーニバル」

先日、kindle本第3弾となる新刊「死から始まる」をkindle出版しました。 今回の新刊出版を記念して、来未炳吾過去作の無料キャンペーンを実施します。 この機会にぜひダウンロードをしてください! 無料キャンペーン対象本 夜行バスの人々 作者: 来未炳吾 発…

超簡単。wordでのkindle出版方法

昨日4/20、新たにkindle本を出版しました。 通常価格300円。KindleUnlimitedなら無料でダウンロードできます。 死から始まる 作者: 来未炳吾 発売日: 2017/04/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 今回の作品は書籍データをwordで出版してみま…

kindle出版第3弾『死から始まる』出版しました。

taskeyとカクヨムで掲載していた『死から始まるエトセトラ』を元にしたkindle小説を出版しました。 死から始まる 作者: 来未炳吾 発売日: 2017/04/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 死から始まる物語です。一話完結ショートショート。 スマ…

制作日誌No.39:4月12日の事

2008年のこの日、私は発達障害克服をかけて放浪旅に出た。そして9年経った2017年のこの日は、映画制作を実行する日のはずだった。でも、できなかった。仕事をしていた。十分な準備をして、この時の為に休む、ということができなかった。生活の為に。 2月一杯…

【後編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い

【前編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い - HyogoKurumi.Scribble 後編では自分自身の体験を基に、私の考える「あぶり出し型脳」の特徴について解説します。 あぶり出し型脳…

【前編】社会は「あぶり出し型脳」を受け入れられるのか、その予感と考察――発達障害の私が気づいた定型と非定型の根本的違い

私は31歳の時に発達障害の診察を受け、アスペルガー障害の診断を受けました。でも、中学生の時から既に非定型特徴の自覚があり、長年、自身の特徴克服に向けて自助努力を重ねてきました。 今回はそんな私が新たに気がついた、定型と非定型の根本的違いに関す…

私流「むずむず脚症候群」の対処法! 今日から実行可能!

貴方は「むずむず脚症候群」というのをご存じですか? 下記、ウィキ情報の通りだと思うのですが、とにかく足がなんかこう、ムズムズするんです。 むずむず脚症候群 むずむず脚症候群 - Wikipedia 症状と特徴[編集] 自覚症状として、じっとした姿勢や横になっ…

『絶歌』読書感想文:その4――神戸連続児童殺傷事件の元少年Aは発達障害なのか?

hyogokurumi.hatenablog.com その3の掲載から五ヵ月も経っていた。今まで何を書いてきたのかもはや自分でも覚えていないが、このまま読み進めていこうと思う。 池 23p~29p 7月11日、少年Aは警察のマイクロバスに乗せられて、殺害現場となったタンク山と凶…

【第3話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話

【第2話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話 - HyogoKurumi.Scribble これまでのあらすじ 私は両親の自己破産を機に一人暮らしを始めた。その新しい生活の土地で選んだ仕事はデバッガー。発売前のゲームをチェックする…

2013年原付カブの旅 あとがき(2017版)

前 2013年原付カブの旅 最終話「帰り道 後半戦」 - HyogoKurumi.Scribble この作品をネット上に掲載するのは二度目である。一度目はこの原付カブをやった頃に利用していた『小説家になろう』という小説投稿サイトに掲載した。旅中に日記を書く時間がとれなか…

おい、死んだぞ。発達障害仲間が精神治療薬に殺された。

一緒に活動していた発達仲間が自殺した。首つり自殺だ。 最初にその訃報を電話で聞いた時、驚きや悲しみよりも、真っ先に「やっちまったか」という言葉が頭に浮かんだ。そのあとは「どうすりゃよかったんだ」という困惑と疑問。 訃報の知らせを聞いてからも…

2013年原付カブの旅 最終話「帰り道 後半戦」

前 2013年原付カブの旅 第七話「帰り道 前半戦」 - HyogoKurumi.Scribble 六日目 5時半。予定通り起床。 薬のお陰か、ぐっすり眠とれた。目覚めもバッチシ。眠気も全く残っていない。 出発前に空の様子を撮影しようと振り返ったら、富士山がそこにあった。…

【第2話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話

【第1話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話 - HyogoKurumi.Scribble 第1話の掲載からだいぶ日が経ってしまった。 これを書いている今、スロ界隈では「アナザーゴッドポセイドン」という糞台が話題である。最近は新基準…

2013年原付カブの旅 第七話「帰り道 前半戦」

前 2013年原付カブの旅 第六話「ゴール」 - HyogoKurumi.Scribble 帰り道 前半戦 朝7時半に起床。6時半に鳴ったスマホのアラームをねぼけたまま止めたのは覚えている。眠すぎて起きられなかった。 正直まだまだ眠かったがもう出発しなければならない。静か…

2013年原付カブの旅 第六話「ゴール」

前 2013年原付カブの旅 第五話「灼熱地獄×半袖短パン×原付カブ」 - HyogoKurumi.Scribble ゴール1日目 朝8時ちょい過ぎに起床。弟は仕事で9時過ぎには家を出る。一緒に出られるよう身支度を済ませておいた。 そして出発。弟には「頑張れよ、またな~」と…

※追記しました【アンケート】小金井市女子大生ストーカー刺傷事件の第3回公判の記録をみて思ったこと

■追記 17/3/6 本記事掲載後、他方から「犯人を擁護しているような記事だ」という旨のご意見をいただきました。それは私が本記事で意図したことではないのですが、そもそも記事内で内容の主旨、本事件に対する私の向き合い方を明確にしていなかった事を認め、…

制作日誌No.38:PR期間終了

2月一杯行ったクラウドファンディングはあえなく失敗。購入型と寄付型の違いを知らずに申込み、何の準備も対策もないまま突貫工事で始めたものが成功するわけがない。 でも、例え準備万端で始めていたとしても、達成は難しかっただろうと今は考えている。 20…

2013年原付カブの旅 第五話「灼熱地獄×半袖短パン×原付カブ」

前 2013年原付カブの旅 第四話「二日目 真っ赤な太陽」 - HyogoKurumi.Scribble 14時~ 午後になり太陽が本気を出し始めた。これからが本番だったのだ。 あと3時間ちょっと、ただ走ればいいだけのはずだったのに、一度に進める距離はどんどん少なくなって…

2013年原付カブの旅 第四話「二日目 真っ赤な太陽」

前 2013年原付カブの旅 第三話「海」 - HyogoKurumi.Scribble 3時半~ 眠れなかった。寝袋を敷いたり被ったりしていろんな体勢を試したけど、眠気はあるのに一睡もできなかった。一番辛いパターンだ。 午前3時半。俺は起き上がって、もそもそと支度をして店…

2013年原付カブの旅 第三話「海」

前 2013年原付カブの旅 第二話「漆黒の箱根峠」 - HyogoKurumi.Scribble 光 街の明かりだった。 「やったぁ! 峠を越えたんだぁ!」 俺は叫んだ。 6年前の放浪旅をしていた時、初めて海をみた時の感動は今も覚えている。※記事 そして今回の旅で平塚市に入っ…

2013年原付カブの旅 第二話「漆黒の箱根峠」

前 2013年原付カブの旅 第一話「タイヤパンク」 - HyogoKurumi.Scribble 闇1 時刻は18時半。現時点でもうほんのり薄暗い。これからどんどん暗くなる。ここで止まっていられる余裕はないのに、俺はパンク修理の仕方を会得していなかった。 旅の中止か? い…

【暫定版】発達障害とはなんなのか――「現実」と「言葉」の捉え方

昨年の転職問題の時から、日常に対する意識は大きくかわった。悪いことばかりだったような気もするけど、今年は新しい人生の再スタートだと、そう思えるくらいの意気込みが持てているということは、総合的には良い経験になったということなんだろう。 ただそ…

2013年原付カブの旅 第一話「タイヤパンク」

前 2013年原付カブの旅「プロローグ」 - HyogoKurumi.Scribble 出発 8月21日、朝8時半頃に起床。9時出発予定なので、僅かに残っていた眠気を振り切り、朝食や弁当、着替えなどの身支度を整えた。 しかし、だいたい予定通り出発できたのだが、ついでに寄…

2013年原付カブの旅「プロローグ」

前 クラウドファンディング連動企画!『2013年原付カブの旅』歩き旅だけじゃない! - HyogoKurumi.Scribble 非定型克服の放浪旅を終えてから6年――俺は生涯のパートナーと共に順風満帆な生活を送っていた。 細々とした生活だけど、自営で稼いで、好きな時に…

クラウドファンディング連動企画!『2013年原付カブの旅』歩き旅だけじゃない!

2017年2月4日土曜日、この記事を書いている今、私は自主制作映画の資金集めの為、クラウドファディングに挑戦しています。 お時間のある方はまず下記をご覧ください。私の活動サイト『空のとびかたプロジェクト』とクラウドファンディングサイト『READYFOR』…

制作日誌No.37:最終ステージへ!「空のとびかたプロジェクト」クラウドファンディングに挑戦!

いろいろあったが無事掲載された。ようやくここまできた、という感じである。 READYFORの担当の方とは掲載直前までやりとりをしていた。細かい注文にも対応してくれて本当にここで良かったと思う。 空のとびサイトの告知ページはこちら! www.soranotobikata…

制作日誌No.36:正直に書く。クラウドファンディングに申し込んだこと

今日の電話で、クラウドファンディング「ReadyFor」との打ち合わせが終わった。このまま何事もなければ、今月27日から募集ページが掲載される。 ようやくひと段落、と思いたいところなのだが、1つ、もやもやしていることがある。このままだと気が晴れないの…

【第1話】毎日12時間パチスロを打っていた中毒状態の私がスロを止められるまでの話

最後にパチスロを打ったあの日から、もうすぐ一年が経つ。この一年はほとんど、スロを意識することもなかった。外で看板やのぼりをみても、「ふぅん、あのシリーズ新しいのでたんだぁ」と思うくらいで、打ちにいこうとは思わなかった。 もう、いいと思う。「…

【2017年版】カスタムノートをさらにカスタムした!「Excel自作スケジュールページ爆誕」

一年前にこういう記事を書いた。 hyogokurumi.hatenablog.com 記事で紹介したブックカバーは今も愛用している。 今年もこれでいくつもりなんだけど、1つ不満があった。 ノート部分の左ページを使いたい時は、完全に開いた状態にしなければならず、スペース…

【後編】私が治療薬(発達/精神系)を使わずに生きてこれたわけ【分岐点4~あとがきまで】

【前編】私が治療薬(発達/精神系)を使わずに生きてこれたわけ【分岐点1~3】 - HyogoKurumi.Scribble ▼分岐点4 ストーカーになりかけた時 このエピソードについては過去に語っているので、時間を持て余している人はまずこちらを読んでほしい。 hyogokurum…

怒られる事で生じる健全性に利用される「発達障害グレーゾーン」

発達障害と聞けば、真っ先に連想できる言葉の一つに「生き辛さ」があると思う。 当事者やその家族、理解者がよく使うし、メディアの情報媒体の上では記事のタイトルの一部に使われることもある。それくらいに強調力があり、実際、多くの当事者が抱えている課…