HyogoKurumi.Scribble

人は、言葉からは逃れられない。

制作日誌No.59:ニコニコ動画でも公開

4月15日に映画をニコニコ動画でも公開した。 公開から4日経ったが、再生数は伸びず。元々ニコニコ動画は盛り上がっていなかったし、宣伝にもあまり力をいれていなかった。永久にこのままかもね。 YOUTUBEの方はなんとか600を超えたところ。 映画『アスペです…

生き辛い界隈を蝕むキラキラ活動――クラウドファンディングという前借り祭り

今、ネット上ではクラウドファンディングサービスを利用した資金集めが盛んに行われている。私も自分自身の映画制作活動の中で利用したことがある。クラウドファンディング(以下、CF)の波は、発達障害や精神障害といった生き辛い界隈にも届いているのだ。 …

【確定】尿膜管遺残症 その12―診断名:年間2名ほど。尿膜管嚢胞(にょうまくかんのうほう)

今日の来院予約は14時半からで、入院や手術の説明を受けると聞いていたが、本当に話を聞いただけで、同意書などの書類の記入は次回の来院時にやるらしい。てっきり今日は書類関係もやるものだと思っていた。 さすが総合病院。20分程度の話の為に、ベンチで2…

字を書く時に「書く」感覚ではなくパントマイムの「置く」感覚で書いたら安定感がすごく増したという話

ちょっと前に、こういう記事を書いた。 最初の感覚、初感時に「とめ・はね」を意識することで字が綺麗に書けるという気づきから、そもそも非定型は初感時にあらゆることが認識べきていない状態に陥っている、という話だ。(その原因について⇒【意識の加工法…

【確定】尿膜管遺残症 その11―内視鏡検査in尿道

この世界、この人類が、神の創造物であるのなら、今日という私の日も神の創造に違いない。 今日は運命の日。 内視鏡検査を受ける日。 その入り口は、尿道 尿道 尿道 尿道...(ECHO 第1検査 尿検査・採血 第2検査 レントゲン 第3検査 心電図・肺活量検査 第4検…

制作日誌No.58:締め作業について

浮間舟渡に桜を観に行ったら休日のフードコート状態でげんなり。なんかのんびり桜を見る気に慣れず公園一周しただけで帰ってきた。近所でなんとなく咲いてる桜眺めてる方がよかった気がする。 その後今日はなんもせず、活動サイトの締め作業について考えてい…

制作日誌No.57:映画、無事公開

無事、映画の公開を迎えることができた。 この劇場ページは一週間ほど前に作ったおいたもので、4月1日になってすぐ公開できる状態にしておいた。 公開させた後、告知ツイートを用意。Twitter広告も設定してとりあえず就寝。 朝起きてから、やっぱりFacebook…

【2018年版】4月からの新社会人に送る発達障害の話【改正障害者雇用促進法】

2018年4月から、改正障害者雇用促進法が施行される。この改正によって新たな決まりが色々と加わるわけだが、注目すべきは「身体障害者と知的障害者」のみだった雇用義務対象に「精神障害者」が加わることだ。この精神障害者の枠の中には昨今話題の「発達障害…

【確定】尿膜管遺残症 その10―検査結果が揃った

今日はCTとMRIの検査結果が揃う日である。入院や手術の話をされる可能性もあるので、念の為妻にも付き添ってもらった。もしそうなったら私としても人生初のことであり、家族で挑む初の苦難である。 12時予約なのに11時10分過ぎに着いてしまい、受付のあとは9…

わい親創価、妻親エホバ

妻のことで、ずっと前から気になっていることがあった。どうやら妻は幼い頃、親からベルトでお尻を叩かれたことがあるらしい。それは妻と一緒に暮らし始めた五年くらい前に、生まれ育った家庭環境の雑談の中で聞いた話だった。 その時は妻も、なんとなく仄め…

制作日誌No.56:リアル試写会、白紙に

3月頭の制作日誌に、某店で試写会をやる計画が進行中であると仄めかしたが、続報を告知することができないまま、リアル試写会の話は白紙となった。 理由は、試写会を引き受けてくれた店側の対応力不足が原因である。今回の制作日誌ではそのことを書く。 先に…

【疑い】尿膜管遺残症 その9―MRI検査

午前中は朝からかかりつけのメンタルクリニックと市役所に行って、障害者手帳の更新と、自立支援支給認定の手続きをやってきた。 通常なら、メンタルクリニックで診断書を貰ったあとは市役所に行って終わりなのだが、自立支援支給認定があれば3割負担の診察…

制作日誌No.55:「会社員」という生き方は「普通」じゃなかった

空のとびかたプロジェクトの映画とパンフレットが完成して、今日はリアル試写会の時に配布するリーフレットと劇場用ページを作っていた。それも完成したから、これで活動に関する全ての制作を終えたということだ。あとは試写会と、サイトの更新や告知をコツ…

制作日誌No.54:パンフレット予約開始 映画完成!

朝見たらパンフレットの予約が無事始まっていた。自主制作映画のセルフパンフレットだから審査落ちるかと思ったけど大丈夫みたい。 あと、映画の映像がやっと完成した。 一旦完成状態にしてから、誤字やテキストの大きさの調整など、気になるところを直して…

制作日誌No.53:パンフレット完成 劇場用ページ作成開始

映画パンフレットをkindleの管理ページに予約販売でセットした。審査が通ればAmazonのカタログに加わるはずだ。 映画用の劇場ページの作成にも着手した。アンケートフォームも作ることにしたがこれはちと時間がかかりそうなので今度の日曜日にでもまとめて終…

【疑い】尿膜管遺残症 その8―総合病院とCT検査

今日はとうとう大きな病院に行ってきた。 まず午前中にいつもの皮膚科へ行って紹介状をもらった。診療所を出た時点で10時20分だったが、紹介先の病院は隣町にある総合病院で、初診受付が11時までと言われたので、処方箋の薬は後回しにして大急ぎで駅に向かっ…

3.11 あの日の記憶「正直言って、魅了されていた」

3.11のあの日、私は今住んでいる関東ではなく、関西の三重にある実家で暮らしていた。現妻との生活を始める貯金の為に、一時的に帰省していたのだ。 2月には東京へ戻る予定だったが思うように金が溜まらず、帰省は夏まで延長となった。貯まらなかった理由は…

制作日誌No.52:入院するかもしれん

映画の映像もあとは出演者からの最終確認待ちとなり、いよいよやることが絞られてきた。 昨日の土曜の夜は、「発達障害BAR The BRATs」さんのお店に行って映像の再生テストをしてきた。お店のモニターで無事再生ができることを確認した。あとは試写会の内容…

【意識の加工法】人は「感覚→思考」の順で頭を使わないと狂ってしまうという話

今回は頭の使い方に関する、ある気づきのお話です。 この気づきは、昨年ある職場で勤めていた時の体験から得られたことで、それから一年経った今も日常の中で意識することが多く、言語化して広く共有する価値があると思い、記事を書くことにしました。 特徴…

メンヘラjpに思うざわざわ感、その4――偽りの記号を「心の叫び」で隠した愚か者

お菓子をあげるからついておいでと言って、他人の子供に声をかけている「良いおじさん」がいるとしよう。そのおじさんについていくと、本当にお菓子が食べられるし、おじさんは子供にお菓子を食べさせたいだけらしい。 でも、そのおじさんがどれだけ良い人だ…

【疑い】尿膜管遺残症 その7―軟膏の塗りすぎ?

前回の診察から一週間経った。へその状態は膠着してる。ガーゼを使うようになったお陰で少し良くなった気もしたが、ほんとうにちょっとだけだった。 やっぱ駄目かもしんないな、という諦めが膨らんでくる。 自分が何か悪化させてしまうようなことをしていな…

空のとびかたプロジェクト 映画制作とこれまでの活動

私はいま、発達障害と就労をテーマにした『空のとびかたプロジェクト』という映画制作活動をしている。 映画の制作は最終チェックをする段階に入り、なんとなくだが、もうすぐ終わるんだなという実感も湧いてきた。 これまでのことは、ブログの制作日誌の記…

私は一色登希彦先生の『日本沈没』が大好きだ!

私はいま『空のとびかたプロジェクト』(http://www.soranotobikata-project.com/)という発達障害と就労をテーマにした映画制作活動をしている。 その映画は、私がある漫画の作者様にファンレターを届ける旅の映像と、出演してくださった他の当事者の方達の…

制作日誌No.51:試写会、本編完成間近、スマホ映画

映画の試写会はYOUTUBEの限定公開機能を用いて、ネット上だけで済ます予定だったが、やはり映画制作活動と言うからにはリアルでもやりたい。 しかし場所の当てがなかった。豊島区の文化館にそういう場所もあった気がするが、やるなら堅苦しい雰囲気じゃなく…

【疑い】尿膜管遺残症 その6―ガーゼを使うぞ

月曜にまた皮膚科に行って、へそが膠着状態になっていることと、自分の考えを先生に話した。 もう石鹸では洗ってない、シャワーを当てるだけにしている、悪化はしてないが治りが悪い。あと考えられるのは蒸れるということだ。 警備士という仕事は制服を着な…

メンヘラjpに思うざわざわ感、その3――詐欺成立という悪夢

メンヘラ.jpクラウドファンディング @CAMPFIREjp 本日目標の130%を達成してただ今完了しました!263人ものパトロンの方々、応援してくださった方々、本当にありがとうございます!!! https://t.co/gJGvSxLEaK — わかり手@感謝!!!!!! (@anbakurakoya)…

【疑い】尿膜管遺残症 その5―治らない

治らない。治りが悪い。 痛みもないし、悪化してる感じもないから、もう尿膜管遺残症ではないと思うんだけど、おへそと周辺の荒れ模様が治らない。原因はどうやら寝てる間に掻いてしまっていることと、仕事で制服と防寒着を着用するせいか、服の中が蒸れやす…

はあちゅうのツイート炎上について――傷ついた動物の姿を想像させた罪

私は「はあちゅう」のことが気持ち悪くてたまらない。まず名前が気持ち悪い。「はあ」(吐息)と「ちゅう」(キス)という単語をチョイスしてくっつけられる発想が気持ち悪いし、それを名前にできてしまう神経も更に気持ち悪い。アイコン画像の表情も気持ち悪い…

ことのはBOX第6回公演『見よ、飛行機の高く飛べるを』を観に行った!

今日2月18日は、妻がいつも応援しているはるかぜちゃんが出演するお芝居を妻に誘われて観に行きました。 本記事には、物語の結末に触れる記述が書いてあるので、ネタバレが困る人は読まないでください。 こうして妻に誘われてお芝居を観に行くは10年ぶりくら…

メンヘラjpに思うざわざわ感、その2――騙されやすい人達の情報集なんていらない

メンヘラjpがクラウドファンディングをしている。全国の自助グループや支援者団体のデータベースをつくりたいらしい。活動ページを読んだ私は、「ここはおかしい」という確信を得た。 疑問や違和感が全文に対してあり、あまりに範囲が広い。ので、今回の記事…